「ギャラクティカ」のロン・ムーアとマイケル・テイラーが脚本で、「ハンコック」のピーター・バーグが監督という豪華なスタッフによるフォックスのSFドラマ。

舞台になるのは2040年の未来。地球は気象の急激な変化などに見舞われ、人類はあと100年で絶滅するとまで予測されていた。そんななかフェイトン号という人類初の恒星間宇宙船が地球を出発する。フェイトン号のクルー10人に与えられた使命は、エリダヌス座イプシロン星まで10年をかけて旅を行い、地球外知的生命の有無を確認することと、地球を救うための物資を持ち帰るというもの。クルーの行動は同行する2人のテレビ局スタッフによって逐次録画され、「目玉番組」として地球へ送信されるのだった。また長旅におけるクルーのストレスを発散させるため、各人にはヴァーチャル・リアリティのシステムが与えられ、そこで好きな仮想現実に浸って遊ぶことができるのだった。しかし彼らの仮想現実のなかに謎の人物が出現し、仮想のクルーを次々と殺していく出来事が起きる。これと同時に、現実世界でも不可解な出来事が起きてクルーの1人が命を落とす。これらはすべて機材の故障によるものなのか、それとも何者かがクルーを狙っているのか…というのがおおまかなプロット。

「2001年宇宙の旅」にフィリップ・K・ディックの小説にリアリティー番組(あとちょっと宇宙戦艦ヤマト)といった要素がてんこ盛りの内容ですが、それらが巧みに編み込まれていてかなり楽しめる、緊張感に溢れた作品になっている。リアリティー番組のスタイルを使うことでクルー同士の葛藤を描いたり視聴率至上主義を皮肉っているほか、現実とは何かというテーマを扱っていたりして話はなかなか深い。またフェイトン号も「2001年」のディスカバリー号なみにローテクな宇宙船で、核パルス推進を使って加速するところは結構圧巻。久しぶりにSFしてる番組を観たなあという感じ。

でね、俺はてっきりこれって夏のミニシリーズだと思ってたのよ。6話くらいで完結するような。でも本当はピックアップされなかったTVシリーズのパイロット版らしい…つまり話の続きは一切予定されてない!例によってフォックスは、このパイロット版の視聴率が良かったらシリーズ化も考えるみたいなことを言ってるらしいんだが、視聴率が低いことで知られる金曜日の夜に何の宣伝もなしに放送したって視聴率が稼げるわけないじゃん。実際に視聴率は悪かったようなので、フォックスでのシリーズ化はまず無理だろう。パイロット版がクリフハンガー的な終わりかたをするだけに、話の続きがどうなるのかものすごく気になるんだがなあ。蛇の生殺しとはこのことか。せめてサイファイチャンネルあたりが拾ってくれないものか。やはりSF番組にとってフォックスは鬼門だな。

ちなみにクルーの1人の仮想現実が「ロック・コンサートで片言の日本語で歌う」というものなんですが、あれは何なんですか?「マンスターズはわからない〜だっーてキチガイだから〜」なんて歌われるともう脱力しまくり。いくら外国語だからって放送禁止用語で歌うなよ!

Trackback

no comment untill now

Add your comment now