「アメリカで最も信用できる人物」と呼ばれたニュースキャスターのウォルター・クロンカイトが先日他界したわけだが、その後に行われたTIMEのオンライン投票では、「デイリーショー」のジョン・スチュワートが「アメリカで最も信用できるニュースキャスター」に選ばれたそうな

まあオンライン投票の結果なんてアテにならないけどね。例によってdiggなどでは「デイリーショー」だけが真実を伝える番組だ!なんて書き込みもされてるようですが、個人的にはじゃあ「デイリーショー」が既存のニュース番組の代わりになるかというとそうは思ってなくて、例えば以前にバージニアテックで乱射事件があったとき、あの番組は事件をいっさい取り上げなかったわけですよ。要するに冗談にならないような事柄には弱いわけですね。

そういう意味でもニュース番組や新聞というのはまだまだ重要な役目を担っていると思っていまして、世間ではマスゴミだの反日だのウヨだの叩かれてたりするけど、世の中の出来事を報道する人々というのは必要でしょう。そもそも偏向報道というか、伝える側の意向が含まれていない報道なんてものは存在しないと思うので、大切なのは正しい報道をすることだけではなく、報道を受ける側がきちんと多様な情報を処理して自分なりの結論を導きだす、いわゆるメディアリテラシーが今まで以上に求められているのではないかと最近よく考えるのです。

そう言っときながらも俺はここ10年くらい新聞とってないし、テレビも5年以上持ってないのですが…。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now