「CORALINE」鑑賞

おもしれー。老若男女が楽しめる素晴らしい作品。

ニール・ゲイマンの原作をヘンリー・セリックが映像化したもので、作家の両親とともに田舎の古びた家に引っ越してきたコララインという少女が主人公。両親にかまってもらえず、退屈しきっていたコララインはある日、鍵のかかった小さな扉を発見する。鍵を開けて扉を抜けると、そこはボタンの目をつけた「別の両親」たちが彼女を迎えてくれる別世界だった。おいしい料理や愉快な仲間たち、美しい庭などに魅了されたコララインはすっかりこの別世界に夢中になるが、そこには暗い秘密が隠されていて…といった感じのお話。子供向けの幻想的な話のようで、不気味なトーンがずっとあるのがゲイマン調ではある。

とにかくストップ・モーションによる映像が非常に美しく、夜の庭やネズミのサーカスの場面などには圧倒される。これはDVDよりも映画館の大きなスクリーンで観たほうが絶対良いですね。というか日本で公開が決まってないの?「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」があれだけ人気あるんだから、日本でもヒットする土壌はあると思うんだがなあ。ダコタ・ファニングやテリ・ハッチャー、ジョン・ホッジマンといったセレブな声優陣も特に問題なし。階下に住む老婦人コンビにフレンチ&サンダースの声をあててるところもニクいすね。

ちなみにDVDには3Dバージョンも付属していて、劇場版のような3Dグラスではなく例のチープな赤青グラスで観るんだけど、あまり3Dっぽくならなかったような。むしろ映画の醍醐味である色調が台無しになるし、3Dで観るメリットはないぞ。それよりも驚いたのが、iTunesなどで映画をダウンロードできるコードが付いてきたことで、簡単にiPhoneなどで映画を持ち運べるようになっていた。至れり尽くせりというか、DVDもこうしたオマケをつけて売られるようになってきたんですね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now