帰国

モナコより帰国。あー疲れた。明日からすぐ仕事だってのに時差ボケ残りまくり。
彼の国の感想についてはまた改めて書くが、とりあえず機内で観た映画の感想を少々:

「M:I-3」
冒頭はケリ・ラッセルが惨めな死に方をするので良かったものの、その後はどんどんメロドラマ風になっていくのがダメ。秘密工作部員が結婚なんぞして、嫁を人質にとられてオロオロするでねえ。基本的に作りがTVドラマ風なんだよね。JJエイブラムスに比べ、前作のジョン・ウーがいかに映画職人であったかがよく分かる。悪役(に見えない)のP・S・ホフマンはあんな最期でいいのか?

「アイス・エイジ2」
前作は子供を親に届けることとか、ディエゴの心の葛藤といった明確なプロットや見せ場があったのに対し、今回はなんかダラダラと話が続いてくだけ。メスのマンモスのキャラクター付けも弱いね。なんか子供ダマシといった感じ。

「インサイド・マン」
スパイク・リーの作品というよりも、(元来監督するはずだった)ロン・ハワード風の映画であることは否めない。でもプロットとか撮影スタイルは手堅い。しかし刑事が最後まで強盗に翻弄されてるので、なんか観ててスキッとしないところがあるのが難点か。出演者はやけに豪華だけど、あまりその恩恵は感じられない。ウィレム・デフォーは相変わらずいい感じだけど。

「ゴジラ(オリジナル版)」
実は初見なのです。マッド・サイエンティストの芹沢博士が実に怪しくてナイス。ゴジラよりも目立ってしまっている。後の商業化したゴジラ・シリーズとは全然違う、モノクロならではの重々しい雰囲気が新鮮であった。

機内向け映画ってカットされてるシーンがあったりしてあまり取り上げたくないんだが、まあとりあえず観ましたということで。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now