著作権保護の大切さを子供たちに教えるため、カナダの著作権協会が「キャプテン・コピーライト」というキャラクターを作ったそうな。むかし「ロボコップ」のTVシリーズ版に出てた「コマンダー・キャッシュ」並にベタなヒーローだなあ。そして公式サイトには丁寧にも、キャプテン・コピーライトのオリジン(誕生の秘密)を説明したマンガが載せられてるんだが、これが実にまたトホホな内容で笑える。 かつてキャプテン・コピーライトはマンガを描くことを愛する少年だったのだが、ある日イジメっ子に自分のマンガを強奪されてしまう。しかもあろうことかイジメっ子はそのマンガを複写コピーし、彼の作品だと偽って学校で販売を開始してしまったのだ!(商才あるじゃん)しかし本当の作者であるマンガ少年は富も名声も得ることができず、この苦い経験を抱きつつ大人になった彼はキャプテン・コピーライトとなり、著作権を保護するために悪と戦っていくのだった!…という話なんだが、なんかちょっとアブナい人みたい。普通は法律学校に通って弁護士になるとか、チャールズ・アトラスみたいに体を鍛えてイジメっ子に仕返しをするとかしそうなもんだけどね。

その一方で、実はこの公式サイトがウィキペディアの文書を無断借用しているという指摘があるそうな。キャプテン・コピーライト、あなたはいったい誰の味方?

Trackback

no comment untill now

Add your comment now