00年代の名作を着々と鑑賞。これは素晴らしい作品ですね。「インクレディブルズ」と並んで俺にとってのピクサーのベスト作品になるかも。

まずきちんとSFしているところが見事。派手なドンパチとか複雑なプロットに頼らず、極めてシンプルなコンセプトからきちんとストーリーを編み出しているところがいい。未来の堕落した人類たちの姿は「イディオクラシー」のほうが100倍くらい正確だったかもしれないが(植物には水でなくエネルギードリンクをあげなくちゃ!)、さすがに家族向け映画であそこまでは描けないか。

そしてそのシンプルなコンセプトを支える演出の巧みさ。セリフが一切無いシーンがどれだけ続こうと観る人を飽きさせず、逆に表情の殆どないロボットたちへ感情移入をさせる手腕は凄いものがあると思う。こないだも書いたが他のスタジオのアニメだったら下ネタとかセレブな声優とかをつぎこんでコテコテにしそうなものなのに、余計なものを徹底的に省いてじっくりと物語を語る術をわきまえているんだよな。人類のその後の姿が描かれていくエンド・クレジットの演出も素晴らしい。こういう作品でもヒットすることをピクサーは証明してるのに、どうして他のスタジオ(ディズニー含む)はそれに追随しないんだろう。

ちなみにこの映画のDVDを借りてきてリッピングしようとしたら、ダミーファイル(?)をいくつも作って実際のサイズよりも10倍大きく見せかけるプロテクトなんてものがかかっていた。なんか分身の術みたいでカッコいいな。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now