レイアウト更新

なんかこないだHTMLチェックなるものをやってみたら、このページの評価が最悪だったのと、アクセス解析を見る限り検索の精度がずいぶんいいかげんそうなので、それを修正してみる意味でページのレイアウトをちょろっと変えてみました。それでもHTMLチェックは相変わらず最悪の評価だったけど。どうもエキサイトのテンプレートとは相性が悪いのかもしれない。検索の精度アップも期待できないかな。過去の記事の画像とかはズレてるのがあるかも。全体の見栄えはマックOSXでサファリとFireFoxでチェック済しました。ウィンドウズ&IEでどう見えるかは知りません。

それにしても最近はヒット数が少なくて…。マイナーな映画とかテレビ番組ばかり扱ってるし、他のブログにトラックバックもまず送ってないので、人目に触れる機会が少ないページであるのは十分承知してるのですが、せっかく記事を書いたからにはそれなりの数の人に見てもらいたいわけで、もうちょっとこれからは宣伝してみようかなあ。

ちなみに映画関連のブログをたまに閲覧してて思うのが、作品を「紹介するだけ」のブログがやたら多いこと。出演者やストーリーだけでなく、脚本家やら製作総指揮やらを詳しく記載してるようなとこもあるんだけど、その映画を観てんのかどうか、あるいは観てどう思ったのかが全然書いてないようなブログが意外と多いんだよね。そうした情報って公式サイトとかに行けばすぐ入手できると思うんだけど、少なくとも俺のページよりかは多くのヒット数があるみたいだから、人の役に立ってるのかしらん。
映画に関してインターネットが普及して何が良かったかというと、ごく普通の人々が簡単に映画の感想を書けるようになって、それを皆が参考にして映画館に足を運べるようになったことじゃないだろうか。今までは配給会社の男娼・女娼にすぎない「映画評論家」が雑誌とかにベタボメ記事を書きちらして純朴な大衆を欺いていたような感がなくもなかったけど、それをインターネットが民衆の域にまで持ってきたんじゃないかな、と考えてたのですが、映画の紹介だけして感想を書かないというのは個人的にちょっと理解できないのです。もっとも映画のストーリーからあさっての方向へ離脱して、自分の深読みと妄想だけでブログを成り立たせてるような人もいるから、一概には何とも言えないのですが。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now