何という失敗作。クルーニーにスペイシー、ジェフ・ブリッジスといった歴代のアカデミー俳優とユアン・マクレガーといった豪華な面子が揃ってこれかよ!と思わずにいられないけど、悪いのは役者ではないよな。詳しくは下に書きます。

物語の語り部を務めるのはミシガンで新聞記者をやっていたボブ・ウィルトン。妻の不倫により働く気をなくした彼は、イラク戦争に関する取材をしたいと願ってクェートへ向かう。そこで彼はリン・キャシディという男性に出会う。彼はかつてアメリカ軍のなかに存在した極秘チーム「ニュー・アース・アーミー」の一員であり、ニューエイジ思想に感化された上官のもと、そのチームでは千里眼やテレパシー、念力といった超能力をもった兵士たちを育てようとしていたのだという。たまたま以前にインタビューした元兵士からキャシディのことを聞いていたボブは彼に興味を抱き、一緒にイラクに向かうものの、物事はあらぬ方向に進展していき…というような話。

ボブとキャシディのイラク珍道中と交差してニュー・アース・アーミーの結成と解散までが語られていくんだが、どちらの話も展開がラリっててムチャクチャなので、普通に笑うよりも「何だこりゃ?」という気持ちが先に来てしまうんだよな。いろいろ語られるエピソードの1つ1つは面白いのに、演出がマズいというか、監督がきちんと話を処理しきれていないのが明らかなんだよな。ジョージ・クルーニーと長年組んで来たプロデューサーによる初監督作品だそうだけど、ベテランの監督を起用してストーリーをもっと練れば傑作になったかもしれないのに残念。

あとニュー・アース・アーミーの兵士は自分たちのことを「ジェダイ」と呼んでいて、これはかつてオビ=ワン・ケノビを演じたマクレガーに対する楽屋オチになってるんだけど、何度も彼にジェダイジェダイ言わせてるのはかなりウザかったです。

でもクルーニーの演技は素晴らしいし、セットなどには金がかかってるし、ストーリーは少なくとも斬新だし、決して駄作というわけではないですよ。劇場で観たら頭を抱えて出てくることになったかもしれないが、レンタルとかで観るなら普通に楽しめる作品かと。

ちなみにこれは実話を基にした映画だそうです。アメリカ軍が超能力などに興味を持っていたという話はよく聞くけど、ニュー・アース・アーミーみたいなチームは本当に存在したのかね?

Trackback

no comment untill now

Add your comment now