「THE LOSERS」鑑賞


本国での評判がイマイチだったのでなるべく期待せずに観たんだが、それでもダメだった…。

以前にも書いたようにアンディ・ディグルとジョックによるDCコミックス/ヴァーティゴのコミックが原作のアクション映画で、クレイ率いる米軍の特殊部隊がボリビアで麻薬組織殲滅のミッションを行っていたところ、マックスと名乗る謎の男によってミッションは妨害され、幼い命が多数失われる結果となってしまう。おまけにアメリカ政府によって米軍との関わりを否定され、死亡した扱いになってしまったクレイたちはアイーシャという謎の女性の手を借りてアメリカ本土に戻り、マックスに復讐を試みるのだが…というような話。

まあ普通のB級アクション・ムービーといった出来か。メジャースタジオが関わってるだけあって爆発シーンとかは金がかかってるけどね。原作にあった政治的なトーンは鳴りをひそめ、意外な秘密を持った悪役だったマックスも普通のサラリーマンのような人物になってしまっているのが非常に残念なところ。あと続編を意識した作りにするのはいいけど、あそこまでラストをほのぼのとしたものにする必要は無かっただろうに。何でクレジットに「Don’t Stop Believin’」なんかが流れるんだよ!原作では華々しく散っていったルーザーズの面々に対して失礼でありますよ。

じゃあ原作を知らない人なら楽しめるのかといったらそうでもなくて、全体的に話の展開があわただしくて、派手なアクションシーンがあっても何の余韻もなしに次のシーンに移るものだから話の流れににメリハリがなく、役者の演技についても「とりあえずシーンごとに演技をしました」という感じがして感情移入できないんだよな。復讐に燃えているはずのクレイはホテルで休んでばっかだし、アイーシャの行動も不可解なところがあったかと。ピーター・バーグ(脚本)って人物描写はもっと上手い人かと思ってたんだけどな。監督のシルヴェイン・ホワイトが力不足なのか?あとアクション・ムービーにしてはやけに彩度が強いカラーコレクションがされてるのも気になった。ボリビアの町中なんて「スラムドッグ・ミリオネア」みたいだったぞ。

でもまあロケットランチャーをぶっ放すゾーイ・サルダナなどはやはりカッコ良いし、派手なドンパチもあるし、酒でも飲みながらDVDをレンタルしてみる分には楽しめる作品かと。今夏公開の「Aチーム」はこれに比べてどのくらいの出来なんでしょうかね。俺はとりあえず原作コミックスを読み直して、ガッカリした気分を直すことにします。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now