A&Eの新しいリアリティー番組。いつもならリアリティー番組は観ないのですが、これはオンライン記事とかで話題になってたので。

カリフォルニアには貸し倉庫がたくさんあるんだけど、どうもレンタル料が3ヶ月支払われなかった場合は倉庫の中の物を没収してオークションにかけてよいという法律があるらしくて、そこに埋もれたお宝を求めてオークションにやってくるバイヤーたちを追った内容になっている。これらのオークションは通常のものと異なり、現金払いのうえ、バイヤーは倉庫内に立ち入ることが許されず、5分間だけ入り口から倉庫を覗いて中身を吟味できるという厳しい条件が課せられている。おかげで倉庫内にうず高く積まれた生活用品のなかにオルガンのペダルを発見したバイヤーが「あのペダルは高価なハモンド・オルガンのものに違いない!」と察して倉庫の品をまるごと落札したものの、オルガンは安物だったのでガックリしていたら、オルガンの横にあったバッグから野球選手の価値あるトレカが大量に出てきてラッキー!なんて運まかせの展開が起きたりするのだ。

もちろん運まかせで何十年もバイヤーをやってるのではなく、彼らもそれなりの鑑識眼を備えているわけで、外見はレッドネックみたいだけど家にはピカソの素描を保管している(飾ってはいない)バイヤーなんてのも登場していた。ただし彼らは基本的にコレクターというよりも転売屋であるわけで、倉庫にあったガラクタを彼らが買い、それをさらに誰かが高い値で買うという流通の縮図のようなものが出来上がっているわけだ。

また彼らは倉庫でのオークションだけでなく有名人の所有物のオークションにも出没し、そこで仕入れたものをプレミアム・グッズとしてファンに転売してたりもする。第1回目はなぜかシュグ・ナイトの身の回りの品がオークションにかけられていた。

番組の作りはエンターテイメントに徹しているが、レンタル料が払えずに倉庫の品々を手放してしまう側の紹介や、最近の不況によってレンタル料の不払いがどれだけ増加したかなんかについても語ってほしかったな。でもまあ結構楽しめる番組でしたよ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now