「MEGAMIND」鑑賞


個人的に「ヒックとドラゴン」で大きく株を上げたドリームワークス・アニメーションの新作。これ日本では劇場公開されないんだよな。勿体ない。

崩壊する惑星から赤ん坊のときに両親によって脱出させられ、地球に辿り着いた異星人メガマインド。彼は到着した先が刑務所だったことから囚人たちに悪の道を教え込まれ、さらにその青色の肌とハゲ頭という外見が災いして学校で仲間はずれにされたことなどから心がひねくれ、史上最強の悪党になることを決心する。しかしその野望は同じく他の星からやってきた正義のヒーロー、メトロマンによって常に打ち砕かれ、いつもメガマインドは刑務所送りになっていた。しかしある日、メガマインドの立てた計画のなかでメトロマンの意外な弱点が明らかになり、なんとメトロマンは死亡してしまう。こうしてメガマインドは世界(というか舞台となる街)を支配することが出来たのだが、いざ目的を果たしてしまった後の生活は彼にとって空しいものだった。そんななか彼は意中のTVレポーターであるロクサーヌに変装して近づくのだったが…というような話。

映画のコンセプトが「もしレックス・ルーサーがスーパーマンに勝ったら?」というものであることからも分かるように、スーパーマンの物語をうまく裏返して悪党の視点からとらえた内容になっている。よってスーパーマンに関する最低限の知識がないと十分に楽しめないかも。マーロン・ブランドーのパロディも出てくるぞ。主人公のメガマインドは悪党なんだけどその動機は非常に純真で、疎外感と劣等感を抱いていて女の子の口説き方も知らない童貞のダメ男というその姿には同情を禁じ得ないなあ。ストーリーもスーパーヒーローものの決まり事をををうまく脱構築しているというか、いい感じにヒネリがきいているといった具合。

明らかに3Dを意識した演出が多いのは置いとくにしても、アニメーションの出来もいいしアクションシーンも満載で気軽に楽しめる出来になっている。夜の街の風景とかが特に奇麗だったな。ただし有名ロック・ソングを多用してそれに合わせた演出をしてるのは何となくチープで好きじゃないな。また最後のバトルももうちょっと長くても良かったかも。そうういう意味では「ヒックとドラゴン」ほどの出来ではないけど、「カンフー・パンダ」くらいのものではあると思う。大スクリーンで観ればもっと楽しいと思うんだけどね。ホント勿体ないよね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now