雑記的な感想をいくつか。マーク・ウォールバーグって他の主演映画を観れば分かるように1人できちんと映画を支えられるほどの技量を持った人ではないけれど、今回はクリスチャン・ベールとメリッサ・レオの怪演がそれを十分に補っていることで楽しめる映画になっている。むしろ役者としてのカリスマのなさが、兄と母のエゴに翻弄される主人公の役に今回はうまくはまっている感じか。

一方のクリスチャン・ベールは以前にも何度も減量して痩せ男を演じているので今回の役作りはそんなに驚くほどでもないが、むしろ後頭部にちゃんとハゲをつくっているところにプロの根性を感じましたよ。ただしあまりにも外見的な役作りのインパクトが強いため、いつ画面に出てきてもそれは「痩せたクリスチャン・ベール」であって「ディッキー・エクランド」には見えないのが残念。彼は実在の人物を演じるのには向いてないタイプなのかもしれない。彼らの母親を演じるメリッサ・レオは、ジョン・ウォーターズの映画に出てきそうな格好で、同じ姿の娘たちを何人も引き連れて歩く姿が圧巻。それに比べるとエイミー・アダムスが至極まっとうな人物に見えてしまうせいか、レオがアカデミー賞穫ったことは理解できるものの、アダムスがノミネートされたのはちょっとどうなんだろうとも思ったな。

実際の話を追った脚本はうまく随所にクライマックスを練りこんで退屈させない出来になっているものの、主人公たちの目指すものがいまいち分かりにくいところが難点。主人公がマイナーな試合に勝って小銭を稼ぎたいのか、世界的なボクサーを目指してるのかが読みにくいというか。また肝心のボクシングの試合はパンチの音がみんな同じに聞こえるし、最後のクライマックスでスローモーションになるタイミングもなんかずれていたような?すべてのボクシング映画が「レイジング・ブル」のようにスタイリッシュであるべきでもないだろうが、試合中のボクサーの心境をもっと映し出しても良かったんじゃないかと。

とまあいろいろ書いたけど、ベールの怪演はやはり見ものだし、欠点はあるけれど悪くはない映画ですかね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now