NBCの新シリーズ。といってもこれも製作されてから1年後にやっと放送された訳あり物件。登場人物が「ギャラクティカ」の最終回について語ってたり、BGMに「Great DJ」とか「1901」とかが使われてるのを聴くと、微妙な古くささを感じてしまうね。

内容は要するにテレビ版「ラブ・アクチュアリー」で、アメリカの各都市における男女の恋愛模様がアンソロジー形式で描かれていく。第1話では男をひっかけるために自分は処女だと偽った女性が、いざ男を連れ込んだら相手が気兼ねしてセックスしてくれないという話や、職場をクビになった男性が気落ちして帰宅したら、妻がバイブレーターにハマっていてさらに気落ちしたという話、そしてジェニファー・ラブ・ヒューイットのファンの男性が飛行機のなかでヒューレット本人と同席になり、やがていい仲になってしまい…という話の3つが語られていた。出演はヒューイット本人のほか、クリステン・リッター(はあと)とかクレイグ・ロビンソンなど。

いちおう狂言廻し的なキャラクターもいるようだけど、アンソロジー番組っていまどき地上波で通用するものなのかね?女性向けのニッチなケーブル局なら少しは長続きしそうだけど。NBCもそれを分かっていて放送を遅らせたんだろう。あと時間の都合からか恋愛の過程などはじっくり描かず、話がすべてセックスに直結してるのもどうかと思うけどね。

この調子だと1回あたり2〜3の男女の出会いが描かれるんだろうけど、30数年生きていてろくな出会いを体験したことのない1視聴者としては、「そんな幸運な出会いなんぞねえよ、ケッ!」と画面に悪態をつきたくなるのです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now