Syfyチャンネルの新シリーズ。

進化の常識を覆すような能力を持った新しいタイプの人間が現れるようになり、アメリカ政府は彼らを「アルファ」と呼んで、リー・ローゼン博士のもとに集めて彼らの研究を行っていた。ローゼン博士の研究所にはアドレナリンを放出することで怪力を発揮できる男性や、人を暗示にかけられる女性、五感が非常に発達した少女、そして電磁波を視覚化して観ることのできる少年という4人のアルファが揃っていた。そして驚異的な射撃能力によって囚人が暗殺されるという事件が起き、彼らはこのスナイパーがアルファに違いないと考えて彼の確保に動くのだが、その裏では自分たちの能力を悪事に使おうとする闇のアルファたちの陰謀が動いていて…というようなプロット。

まあ「HEROES」とか「NO ORDINARY FAMILY」に続く、普通の人たちがスーパーパワーを持ったらどうなるかという、ここ数年流行っている内容の番組の1つという気もしなくはない。でも第1話は「FAMILY」よりも面白いし、「HEROES」みたいに話が変に複雑になることもなく、もうちょっと気楽に楽しめるアクション番組になるみたい。この手のシリーズだとイギリスの「MISFITS」が面白いらしいですが俺は未見。

この番組のいちばんの強みは、プロフェッサーXのごときローゼン博士の役をデヴィッド・ストラザーンが演じてることじゃないですかね。何やっても基本的に外れのない役者だし、彼がいることで話に重みがついているような。眼光の鋭い彼が好々爺っぽい博士を演じてるのは少し意外でしたが。

「ギャラクティカ」のレベルには遠く達していないとはいえ、今後の展開によっては結構楽しめるシリーズになるかもしれない。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now