最近ちょっとゴタゴタが続いたものの、相変わらず質の高い作品を放送しているAMCの新シリーズ。

舞台となるのは1865年のアメリカ。南北戦争が終わり奴隷だった黒人たちは解放され、西部のさらなる開拓に目が向けられるなか、大陸を横断する鉄道の建設が進められ、ユニオンパシフィック鉄道のトーマス・クラーク・デュラントは工事を牛耳って多額の富を手にしようと画策していた。その工事現場にやって来たカレン・ボハンノンは南軍の兵士だったが、最愛の妻を北軍の兵士に殺された過去を持ち、その兵士たちを探して復讐するために現場で働くことになる…というような話。これに元奴隷の黒人とか、測量技師の夫をインディアンに殺された女性とか、キリスト教の洗礼を受けて西洋文化に目覚めたインディアンの若者などが話に関わってくるみたい。

金もかかってるし作りも決して悪くはないんだけど、ウェスタンとしてはちょっと微妙な出来かもしれない。主人公のボハンノンが第一話ではあまり活躍しないし酒に潰れたりしててカッコ良くないのがその原因課と。周囲が一目置くくらいにやたら強く、復讐に燃える男というくらいの描写を見せてくれないと。全体的にどうもウェスタンとしての様式美に欠けてるんだよな。別に「許されざる者」とか「トゥルー・グリット」のようなレベルを求めてるわけではありませんが。

物語のヒールとなるトーマス・クラーク・デュラント(って実在の人物なのか)を演じるのはコルム・ミーニー。俺の大好きな俳優ではあるものの、気のいいオヤジという役柄のイメージが強いのであまりこういうギラついた悪党の役が似合ってるとは思えなかったな。彼を全く知らない人が見たら違う印象を抱くんだろうけど。あとはラッパーのコモンなんかも出演していた。

期待してたほどの出来ではなかったとはいえ、AMCの作品だし今後の展開はもっと面白くなっていくんじゃないだろうか。どうも地上波ネットワークなどでもウェスタンの番組の企画が次々と進行中らしいが、ケーブル局の強みを活かしてタフなウェスタンを作って欲しいところです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now