マーケット探訪

大家さんと一緒にケンジントンマーケットへ。今までは外を通ることしかなかったスパイス屋や雑貨屋などに入ってみる。さまざまなスパイスや紅茶・コーヒー、チーズ、米などが売られていて面白い。当然すべて量り売りなので、そろそろポンド単位での買い物のやり方に慣れなくては。一応日本人向けの店もあるのだけど、他の店のパワーに圧倒されているような気がする。

その後はトロント大学近くにある図書館へ行く。フィクションが多めに置いてあるとことで、特にSFの本格的なコレクションがあった。ショーケースに並べられたビンテージ本の表紙などを見ていると、こちらは日本と違ってSFがきちんと文学として扱われているな、という気がしてくる。コミックスもかなり揃っているのだが、残念なことにどれも館外への貸し出しが不可なので、館内で閲覧しないといけないのだった。コミックスに読むために図書館通うのもちょっと気がひけるよなあ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now