邦題は「シュガーマン 奇跡に愛された男」になるはず。今年のアカデミー賞にもノミネートされてるドキュメンタリー。

70年代に社会性の強いアルバムを2枚出したシンガー・ソングライターの(シクスト・)ロドリゲスを追ったもので、デトロイトで肉体労働をしながらクラブで歌っていたロドリゲスは地元のプロデューサーに見いだされてアルバムを発表し、多くの期待が寄せられていたもののアメリカやイギリスではまったく売れず、彼はレーベルから落とされてしまう。しかしその後2枚目のアルバム「Cold Fact」が南アフリカに渡り、アパルトヘイトに反発していたアフリカーンの若者たちのあいだでその歌詞が共感を呼び、ラジオ局では放送禁止になっていたにも関わらず彼の曲は南アフリカで広く知れ渡っていく。しかし肝心のロドリゲス本人は表舞台から完全に姿を消しており、ステージで焼身自殺をしたとか、銃で頭を撃ち抜いたという伝説がまことしなやかに語られているほどであった。果たして彼の身に何があったのか?疑問に思った南アフリカの音楽ジャーナリストは、彼の曲の歌詞にあった僅かな手がかりをもとにしてロドリゲスの消息を追っていくのだが…というようなプロット。

トレーラーを観れば明らかなのでネタバレにもならないと思うが、ロドリゲスは健在でして、デトロイトでひっそりと暮らしていたのを「発見」されて南アフリカで1998年にツアーを行ったところ熱狂的に迎えられ、本国アメリカでもこのドキュメンタリーのおかげでやっと多くの人が知ることになったという次第。ただしこのドキュメンタリーでは途中までロドリゲスの消息を明かさず、ミステリー仕立てにしているのが巧いな。犯罪映画っぽい作りにしてた「マン・オン・ワイヤー」に通じるものがありますね。

またアパルトヘイト時代の南アフリカの若者文化にも多分に言及しており、国際的に隔離された文化のなかで多くのことが検閲を受けており、ロドリゲスのアルバムを通じて若者が反体制のカルチャーに始めて触れたとか、ラジオ局では放送禁止の曲の部分がレコード盤に傷が付けられて再生できないようになっていたなどという話が興味深い。なお彼の曲はアパルトヘイトに反対する白人の若者たちに指示され、彼の90年代のコンサートの客もほぼ全員が白人なのだが、黒人たちのあいだで彼がどう受け取られていたのかも知りたかったな。

個人的にはこの映画を観るまでロドリゲスの曲を全く聴いたことがなかったのだけど、艶のある声で社会問題を詩的に歌った曲の数々はどれも素晴らしい。声の質はボブ・ディランというよりディオンに似ているような?人気の再燃により今年のコーチェラやグラストンベリーにも出演するようです。

ロドリゲスが発見されたあとの展開が失速気味になることは否めないが、苦労人が報われるという意味で微笑ましい内容のドキュメンタリーになっている。「アンヴィル」とかが好きな人は観て損しないと思う。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now