FXの新作シリーズ。プロデューサーに「Justified」のグラハム・ヨストが名を連ねていて、第1話の監督は「Warrior」(日本公開まだ?)のギャビン・オコナー。

舞台となるのは1981年のアメリカ。フィリップとエリザベスは一見すると普通の夫婦だったが、実は2人とも60年代にソビエトから送り込まれたエージェントであり、その事実を2人の子供たちにも隠しながら、クレムリンからの指令を受けてスパイ行為を働いていた。しかし長年のアメリカ暮らしにおいて彼らの忠誠心が揺らぐなか、レーガン政権はスパイのあぶり出しに力を入れ始め、さらに彼らの近所にFBIのエージェントが引っ越してきて…というプロット。

ソ連のエージェントは当然のごとく銃もケンカも強くておまけに床上手で、誘拐してきた要人を車のトランクに閉じ込めたまま平穏な生活を子供たちの前で送ろうとする設定はまるでコメディのようですが、内容はあくまでも真面目なサスペンスになっている。二重生活を送るストレスから、フィリップは「いっそ亡命すれば楽じゃね?」と考えたりするものの、もっと祖国に忠実なエリザベスに喝を入れられてます。しかしお互いの本名も知らぬまま夫婦を装ってるのに、子供が2人もいるのってやるこたやってんなあ。

フィリップ役が『ブラザーズ&シスターズ』のマシュー・リースでエリザベスを演じるのがケリ・ラッセル。ラッセルは年取って顔つきがキツくなってきたのでこういうサスペンスも似合うようになったのですが、その一方でフラッシュバックで20年前の姿をそのまま本人に演じさせるのは少し無理があるような。あとロシアでもみんな英語を話してるのはご愛嬌。

米国内のスリーパーエージェントというテーマは「HOMELAND」にも似てるが、過去が舞台なのであちらほどシリアスな印象は受けず、ちょっとソフトな感じ。時代感を出すため例によって80年代のヒット曲が使われてるものの、「The Carrie Diaries」よりもずっと控え目になっている。あと第1話は夜のシーンが多いのだが画面が暗くて話が分かりづらい気がしたのは俺だけ?

斬新な題材をもった、うまく作られたサスペンスという感じなので「HOMELAND」や「MAD MEN」くらいの評判になって欲しい番組。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now