ABCの新作ドラマ。

舞台となるのはサンフランシスコで、ロシア系移民の娘であるマータは夫と3人の子供たちと幸せに暮らしていたが、夫のエヴァンは密輸に関わっていた。父親もロシア系ギャングに関わってるマータは、子供たちのためにも夫を闇稼業から足を洗わせようとするのだが、エヴァンの部下がギャングの大物のであるシラーのブツを盗んだことからエヴァンは何者かに射殺されてしまう。悲しみに打ち拉がれるマータだったが、気を持ち直して夫の跡を継ぎ、シラーへの借りを返しながら、夫を殺したのが誰なのかを突き止めようとするのだった…というストーリー。

あらすじで分かるかもしれないが、「リベンジ」の二番煎じみたいな内容。女性がいろいろ逆境におかれながらも、目的を果たしていこうとするなんかドロドロとしたドラマ。ABCってこういうの好きだよな。ただ「リベンジ」は主人公の目的が明確だったのに対し、こちらは主人公が事件に巻き込まれる形なので話の方向性が見えにくいのが難点。第1話も「そこで終わるの?」といった感じでカタルシスもなければ次の話を観たいという気にもならず、なんかすごく地味な印象しか受けないのであった。主人公以外のロシア系移民がとてもステレオタイプ的な描写になってるのも気になるな。

主役のマータを演じるのはラダ・ミッチェル…ってよく知らない役者ですが結構いろんな映画に出てる人なのですね。あとはゴラン・ヴィシュニックなどが出ているほか、元「BROS」のルーク・ゴスなんかも出演しているぞ。でも頭髪がすっかり寂しくなってしまい、観ていてどれがルーク・ゴスなのか全く分からなかったよ。

「リベンジ」の類似品といえばNBCの「Deception」も視聴率は苦戦しているようで、そう簡単にヒットが続くもんじゃないですよ。とにかく視聴者を引っ掛けるフックなりギミックなりをすぐに打ち出さないと、あっという間に忘れ去られてしまいそうな番組。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now