名前をSci-fiから変更した後にWWEやリアリティ番組にウツツを抜かしていたSyfyチャンネルだが(今もそうだけど)、最近はまたSFドラマを積極的に作るようになったようで嬉しいのであります。これもその1つで、撮影は当然ながらカナダ。

舞台となるのは近未来の地球。30年くらい前にヴォータンと呼ばれる、7つの種族からなる異星人の集団が地球に移住するためにやってきたのだが、彼らは人間が地球にいたことを知らず、平和的な移住を国連と交渉していた。しかし何らかの理由によりヴォータンと地球は交戦状態になり、ヴォータンのテラフォーミング装置により地球の自然環境は一変してしまう。やがて戦争が消耗戦になったことからヴォータンと人間のあいだには休戦協定が結ばれ、荒廃した地球において8つの種族がぎこちなく共存することになる。

主人公のジョシュア・ノーランはヴォータンとの戦闘で活躍した元兵士だったが、養子にしたヴォータンの1種族の娘とともに技術品を漁る放浪生活をしていた。そんな彼らはふとしたことから元セントルイスで現在はディファイアンスと呼ばれる町にたどり着く。そこは若き女市長のもとで文化の再建を目指す町であったが、決して治安は良いとは言えず、前の保安官が死んでしまったことからジョシュアは請われて新しい保安官として働くことになる。しかしその裏ではいくつもの陰謀が渦巻いていて…というプロット。

第1話では世界設定などはあまり説明されてなくて、上記の情報はウィキペディアから転用。どうも同名のMMORPGとタイアップした番組であるらしく、異星人の種族がやけに多いのはその関係があるみたい。それはそれで面白い試みだと思うんだけど、どちらかの人気が不調だった場合はもう片方はどうなるのかな。

話の展開は比較的ベタで、ディファイアンスで反目している2家族の子供たちが陰で愛し合っているとか、1度は町を見捨てた人がクライマックスの戦いのときに戻ってくるとか、まあ以前に観たことあるような展開が続きます。部外者が町の保安官に任命されるというのも、同チャンネルの「ユーリカ」でやってたしね。でも話のテンポが良いので思ったよりも楽しめる内容になっていた。「ギャラクティカ」ほどではないにしろ「スターゲイト」くらいの出来といった感じ。CGなども決して金はかかってないものの「テラノバ」なんぞよりも面白いかと。

主人公のジョシュアを演じるのは「アグリー・ベティ」などに出ていたグラント・ボウラー。あとは「デクスター」のジュリー・ベンツなども出ています。ジョシュアの娘を「ミラーマスク」のステファニー・レオニダスが演じているのだが、あの可愛い顔を異星人メークで台無しにしてしまってるのが本当に勿体ない。今でも遅くないから、実は彼女は地球人だった、という設定にしてくれよ!

Trackback

no comment untill now

Add your comment now