イスラエルとパレスチナの紛争をテーマにしたBBCのミニシリーズ。実にタイムリーなネタを…と思ったがあそこの地域のネタは50年くらい常にタイムリーなんだよな。

ネッサ・スタインは9歳のときに、イスラエルへ武器を販売していた父を目の前で暗殺された経験を持つ女性。父親の企業は兄(弟?)のエフラが引き継いでいたが、数年前に突如としてエフラが退任し、それからネッサが企業のトップとして、中東へ和平をもたらすべく貢献を続けていた。しかしパレスチナの取引先の人物が謎の死を遂げ、彼女の周りにはMI6をはじめとする怪しげな連中が現われるようになる。そしてネッサ自身も、公表できない暗い秘密を抱えていた…というようなプロット。

THE SHADOW LINE」のヒューゴー・ブリックが脚本と監督を務めており、あの番組と同様に臨場感はたっぷりあるものの話の展開が遅いような…登場人物も多くて話を追うのがちょっと大変だったぞ。あの地域の紛争についても最低限の知識は持って観たほうが良いでしょう。

ネッサを演じるのはマギー・ジレンホール。イギリス訛りをとてもいい感じでマスターしていますな。暗い過去を抱え、大きな陰謀のなかで翻弄される主人公を身体を張って演じている。あとは彼女を探る定年前のMI6のエージェントをスティーブン・レイが演じていた。

非常にセンシティブなテーマを使っているだけに公平にレビューされるのも難しいようで、imdbのコメントでは例によって「これはイスラエルのプロパガンダだ!」なんて書かれてたし、イギリスのレビューでも「ヒューゴー・ブリックは(イスラエルとパレスチナの)どっち寄りなのか?」というのが論じられていた。とはいえ概ね評判は良いようだし、アメリカでも放送が始まったので、これからもっと話題になる作品かもしれない。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now