The Shannara Chronicles, Season 1
MTVの新シリーズで、日本でも邦訳が出ているテリー・ブルックスのファンタジー小説「シャナラの剣」(厳密にはその続編の「シャナラの妖精石」)を映像化したもの。

舞台となるのは核戦争から何千年もたった後の地球で、そこでは人間だけでなくエルフやドワーフ、オークなどの種族が地上を跋扈していた。エルフの王族は聖なる樹を守護する役割を務めており、王の孫娘が女性として初めてその守護係に選ばれたが、聖なる樹の力は弱まっており、それにあわせて闇の王が復活しようとしていた。それと時を同じくしてかつて闇の王と戦ったドルイドが数百年の眠りから目覚め、闇の王を倒すことができるシャナラの一族の末裔であるハーフエルフの若者を探し出すのだが…といったあらすじ。

このように勝気な姫様とか蘇った悪の王とか選ばれし者とか、典型的なファンタジーのキャラクターばかりが登場してお腹いっぱい。原作が82年の作品とはいえ、もうちょっとヒネリを加えても良かったんじゃないの。話の展開もなんかおざなりだし。なお闇の王はまだ力が完全に復活していないため自分の領域を出ることができず、代わりに部下の怪人を主人公たちのもとに送り込むのだが、そこだけちょっと「仮面ライダー」っぽかったです。

クリエーターは「ヤング・スーパーマン」のマイルズ・ミラーとアルフラッド・ガフ…ってあなたたちこないだ「Into The Badlands」も始めたばかりだよね?ショウランナーじゃないからあまり専念する必要はないのかな。役者はあまり知らない人たちばかりだが、「ロード・オブ・ザ・リング」のジョン・リス=デイヴィスが(ドワーフでなく)エルフの王役で出ています。

思うにこれって「ゲーム・オブ・スローンズ」の成功にあやかって作られたのだろうが、あちらは「ゲーム・オブ・おっぱい」とも揶揄されているようにHBOならではの修正なしのおっぱいが見られるわけで、人気の1つにやはりおっぱいがあると思うのですね、それに比べてMTVでは当然おっぱいが映せないので、それが決定的な違いになるのではないかと。イケメンの男女にとんがった耳をつけただけでは不十分でしょ。

あとせっかくニュージーランドで撮影してるのに、エルフの王国や闇の王の領域などはゲーム並のチープなCGでごまかしてるのが勿体ない。「ロード・オブ・ザ・リング」なんてニュージーランドの自然をうまく背景に取り入れていたのにね。

まあ「ロード・オブ・ザ・リング」や「ゲーム・オブ・スローンズ」を差し置いてまで観るほどの作品では無いかと。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now