白鵬優勝・横綱へ

ついに、というかやっと、というか。

横綱が東と西の両方にいることになったのは良きことかなと。子供が生まれた場所に全勝なんて出来過ぎのような気がするが(とりあえず八百長問題についてはノーコメントとする)。土俵入りの型も久々の不知火型になるそうで、朝青龍といっしょに相撲を盛り上げてっていってほしいところです。

その朝青龍は今までに見られなかったほどの体たらくというか、何かがふっ切れたというか、まさか終盤あんな結果になるとはね。ただまあ酷な言い方をすれば、今まで強すぎて優勝争いをつまらなくしていたというわけでもあるので、今後は白鵬や他の力士と熾烈な優勝争いを繰り広げてくれることをファンとしては期待したいのです。あと行儀の悪さを問題視する意見もあるみたいだけど、いいじゃんヒールだって。昔の横綱の伝記とか読んだって、公明正大とした人よりもどこか性格に難があった奴の話のほうが面白いわけだし。稽古で相手にケガさせたのは不運だったが、ろくに下の奴に稽古つけなかった貴乃花よりもちゃんと相撲に貢献してると思うよ。

んで外国人横綱が2人出てきたことに難色をしめす輩もいるだろうけど、もうちょっとしたら稀勢の里や豊真将に栃煌山、さらには市原や山本山といった日本人力士が(たぶん)台頭してくるだろうから長い目で見ればいいんじゃないでしょうか。そうした若手に比べて情けないのが大関陣。魁皇は名誉職みたいなものだから仕方ないにせよ、千代大海は相変わらずカド番のときだけそこそこの成績を出すのがなんかヘタレ。あいつたぶん来場所はまた負け越すよ。廃業せい、廃業!琴欧洲も白鵬の良きライバルになることを期待してたのに、なんか典型的なクンロク力士になっちゃったし。ここらへんの三役陣と若手が交代する時代が早く来ることを望みます。

あとスポーツ紙なんかで言われているように、白鵬には実質2人の親方がいるというのがなんか不穏なことになりそうでちょっと心配。いっそ熊ケ谷親方と一緒に部屋から独立したほうがスッキリするような気がするけど、どうなんでしょうね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now