Atlanta, Season 1
FXの新番組。舞台は当然ながらアトランタ。

アーネスト(通称アーン)はプリンストン大学に進学しながらもドロップアウトしてアトランタに戻ってきた若者。彼は店頭勧誘員をしてギリギリの生活費で暮らし、実家にも住まわせてもらえず、赤ん坊がいるのにその母親に愛想をつかされて半同棲するような暮らしを続けていた。そんなある日、いとこがペーパー・ボーイという名前のラッパーとして有名になってきていることを知り、彼のマネージャーになることを直訴する。最初はペーパー・ボーイに軽くあしらわれたアーンだが、なけなしの金を使ってラジオでペーパー・ボーイの曲をかけてもらったことで彼に気に入られるのだが、その直後にペーパー・ボーイが銃撃事件を起こしてしまい…というあらすじ。

最近はコメディに力を入れてるFXだが、こないだの「Baskets」に続いてルイ・CKが製作した「Better Things」という番組も始まりまして、どちらも「Louie」に似た、ダメ男(女)の不運な話が続くダウナーな内容になっていて、正直なところコメディといっていいのかかなり微妙な内容なんだよな。この「ATLANTA」も「Louie」のようにダメ男の日常を描いたものになっていて、あるいはNetflixの「Master of None」と比較する声もあるみたい。純真な主人公が世知辛い世の中でどうにか生きていこうとする物語というか。

だから抱腹絶倒できるようなコメディかというと全くなくて、登場人物の哀しくも滑稽な生き様が描かれるドラマといった感じ。でもダメ男が主人公の作品って個人的には好きなので、コメディではないと割り切って観れば普通に楽しめる番組であった。自分が成功できなかったことを、いとこに託すというか投影している主人公の悲喜劇がうまく表されているというか。ちょっと幻想的なシーンもちらほらあって、製作者たちは「ラップ版ツイン・ピークス」とか呼んでいるらしいが、まああそこまで奇妙にはならないでしょう。

主演・原案・脚本は「コミュニテイ」のドナルド・グローバー。「オデッセイ」のリッチ・パーネル・マヌーバーの彼ですね。彼は「チャイルディッシュ・ガンビーノ」名義でラッパーとしても活躍してるので、こういう音楽シーンを舞台にした物語には似合ってるんでしょう。これアトランタのラップ・シーンとか知ってるともっと楽しめるのかな。共演者にはイザイア・ウィットロック・Jrが出ていた。意外と彼はいろんな番組で見かけるな。多くのエピソードをヒロ・ムライという日本出身の監督が演出していて、ドローンで撮ったらしき上空からの映像が効果的に使われていた。

題材などで観る人を選ぶ番組かもしれないが、主人公が今後どうなっていくんだろう、という気にさせてくれる番組ではありましたよ。やはり俺はダメ男が主人公の作品には共感せざるを得ないのです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now