毎年恒例の「ドクター・フー」のクリスマス特番だよ。今年はレギュラーシーズンの放送がなかったので、「CLASS」を除けば1年ぶりのドクター・フーとなるのであります。

クララたんが去ったことで今回はコンパニオンがおらず、代わりにマット・ルーカス演じるナードールが昨年のクリスマス特番に引き続いて登場するのだが、1年前の話なぞきちんと覚えてないので「誰だっけ…」という状態でした。彼はどうも来年のシーズンにもレギュラーとして登場するみたい。

そして話の舞台はニューヨーク。子供のときにドクターと遭遇したことでスーパーマンのごとき超能力を身につけたグラント少年は、成長してからは「ザ・ゴースト」というスーパーヒーローに扮し、ニューヨークの人々を危険から救っていた。その一方では一般人として、密かに想いを寄せる女性記者のルーシーの赤ん坊の世話をしていた。そんな彼のもとに久しぶりにドクターが現れる。彼はニューヨークの大企業における、エイリアンの地球侵略計画を調査していたのだが、エイリアンの魔の手はルーシーたちにも襲い掛かり…というようなあらすじ。

明らかに昨今のスーパーヒーロー作品に触発されてスティーブン・モファットが脚本を執筆したような内容で、まあスーパーヒーローもののパスティーシュだと思えばいいんじゃないですかね。冒頭でドクターが「スーパーマン」のコミック(ジョン・バーンのやつ)を読みながらクラーク・ケントとスーパーマンのアイデンティティーについて語るのだが、話のほうもザ・ゴーストとグラントという同一人物とルーシーの三角関係が軸になっている。最近のスーパーヒーローものってヒーローが自分の正体をやたらすぐ明かすのだが(おめーのことだよ「ザ・フラッシュ」)、自分がグラントだと明かせないザ・ゴーストとルーシーのやりとりはクリストファー・リーヴ時代のスーパーマンみたいで結構面白かった。

とはいえドクター・フーの世界にスーパーヒーローって必要なのかという疑念は残るし、エイリアンの地球侵略のプロットも詰め込んだおかげで逆に内容が散漫になってしまった印象は否めない。まあクリスマスのスタンドアローンのエピソードだし、深く考えずに楽しめばいいんですけどね。

ザ・ゴーストことグラントを演じるのは、ドラゴンボール・エボリューションの悟空ことジャスティン・ハトウィン。彼が「ドクター・フー」に出るとは思わなんだ。ルーシーを演じるチャリティ・ウェイクフィールドって、短命に終わった「ザ・プレイヤー」に出てた人か。

そして次のシーズンは来年の4月に始まるのかな?新しいコンパニオンも決まったし、ティーザーもいい感じだし、早く春になって新しいエピソードが放送されることに期待するばかりです。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now