アメリカの人気コミック「アーチー」を原作にしたThe CWの新シリーズ。

「アーチー(・コミックス)」って日本ではあまり馴染みがないけれど、1940年代から出版されているアメリカでは誰もが知ってるような作品でして、出版社の名前もずばり「アーチー・コミックス」といって、1つのブランドになっているわけですね。むかしNHKでやっていたシットコム「サブリナ」もアーチー・コミックスの作品が原作な。スーパーヒーローものの作品も「ザ・シールド」とか出していたこともあるけど、メインの売りはなんといっても「アーチー」でして、平和な田舎町リバーデイルを舞台に、赤毛でドジだけど純情な少年アーチー・アンドリュース君と、幼馴染のベティ、およびお金持ちの娘のベロニカという二人の少女との三角関係が数十年に渡って展開されてきた少年少女向けのコミックなのです。

ティーンの恋愛といってもドロドロした関係とか性的な描写とかは一切なくて、素朴な白人男女が他愛ないラブコメを繰り広げる人畜無害の内容でして、たしか50年代にコミックス・コードが導入されたときも団体の代表として率先してコミックの表現規制を行っていたのが、当時のアーチー・コミックスの社長だったはず。

その一方では90年代にマーベルと組んで「Archie Meets the Punisher」という異色の作品(リバーデイルにパニッシャーがやってくる!)を出したことは語り継がれているし、2000年代にはケビン・ケラーというゲイのキャラクターを登場させて話題を呼んだり、やたらダークな「サブリナ」のコミックを出したりと、ここ10年くらいはエッジの効いた作品を出すようになって、より幅広い層にアピールしているわけです。大人になったアーチーが射殺される、なんて話もあったような。

んでこの「RIVERDALE」ですがコミックとはまた違った方向にダークな設定になっていて、「アーチー」のキャラクターを使った「ツイン・ピークス」といった感じ。高校の人気者であるチェリルとジェイソンが川に向かい、ジェイソンは死体となって発見される。いったい彼の身に何があったのか?という謎解きとともに、町の住人たちの暗い秘密が暴かれていく…といったあらすじ。

この世界ではベティの姉は精神を病んでいて、母親はベティに厳しくあたっており、ベロニカは父親が汚職で逮捕されて母とともにリバーデイルにやってきたという、いろいろヘビーな設定になっている。原作ではオタクっぽかったアーチー君もここでは腹筋の割れたアメフト部のジョックになっており、一方で繊細な音楽もやりたがっているという多才ぶり。さらにベティやベロニカと乳繰り合う一方で高校の音楽教師と肉体関係を持ってしまうという、まあ原作とはいろいろ異なったキャラになっています。それ以外のキャラクターも原作からとってきているようで、前述のケビン・ケラーのほか、スピンオフ映画もつくられたバンドのジョジー&ザ・プッシーキャッツなども登場しているよ。あとはアーチーの親友のジャグヘッド!原作では世俗の悩みを一切寄せ付けず、メシを食うことしか興味がないキャラクターだったが、番組ではもっとクールな、物語の語り手として登場している。ジャグヘッドをいかに扱うかで「アーチー」作品の面白さは左右されると言っても過言ではないだろう。

とまあ各キャラクターはコミックとはかなり異なる設定になっていて、それが許容できるかどうかで観る人の判断は分かれるかも。逆に言うと「アーチー」のキャラクターが出てくることを除けば、典型的なTHE CWのティーン向けドラマになっていることは否めない。ストーリーの組み立て方とか、そんなに悪くはないと思ったけどね。「アーチー」の知名度が低い日本では放送される可能性が低いかな?キャストもアーチーを演じる主演のK.J.アパってほとんど新人だし、若者のたちの親を演じるメッチェン・アミックとルーク・ペリーを除けばそんなに有名な出演者はいないような。

良くも悪くもクセがあるというかギミックに頼っている感じはするものの、原作を無視して内容がムチャクチャになれば意外と面白くなる番組かもしれないので、そこに期待。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now