「ザ・ワイヤー」のデビッド・サイモン&ジョージ・ペレケーノスによるHBOの新作ドラマ。音楽もブレイク・レイだぞ。第1話が無料公開されてたので例によってIPアドレスをゴニョゴニョと。

オープニング・クレジットからして「ザ・ワイヤー」っぽいね。

舞台となるのは70年代初頭のニューヨークで、売春や麻薬取引などが蔓延するなかでのポルノ業界の合法化と勃興を描いたものになるとか?「ザ・ワイヤー」同様に多数の登場人物が出てくる群像劇になっていて、バーで働いているがギャンブル好きの双子の兄弟のおかげでマフィアに借金返済を迫られ、家庭では遊び人の妻に愛想をつかして家を出る男ヴィンセントを主人公に、ピンプ(ポン引き)につかずに単身で頑張っているものの年齢による衰えを感じている売春婦のキャンディ、田舎からやってきてピンプに雇われて売春婦になる少女、麻薬を買って逮捕される大学生の少女、といった人物たちの人生が絡み合っていく話になるみたい。第1話は90分あるものの話の進展がゆっくりなので、彼らの大半はまだ出会いもしなかったりする。売春していた女性たちがピンプを離れてポルノ業界で働くようになり、ヴィンセントがそれに関わる話になっていくのかな?

HBOのドラマなのでふんだんに金が使われ、「ボードウォーク・エンパイア」もそうだったように、セットは70年代当時の雰囲気を忠実に再現しているみたい。衣装なども当然70年代ファッションが炸裂しているわけですが、黒人のピンプたちの服装がもういかにもピンプといった格好で、あれってステレオタイプではなく実際にああいう外見だったんだろうなあ。公民権運動がどうピンプの登場につながっていったのかとか、そういう歴史も調べたら面白そう。なおテーマがテーマなのでオッパイとかチンコとかいろいろ見えてまして、日本で放送する際はいろいろボカシが入るでしょうな。

ヴィンセントとその兄弟を一人二役で演じるのがジェームズ・フランコ。最近はコメディの出演が多い気がする彼だが、やはりシリアスな役を演じると上手いのよ。キャンディを演じるのがマギー・ギレンホールで、体を張った演技を見せています。あとは有名どころだとゾーイ・カザンやラルフ・マッチオ。「ザ・ワイヤー」からはベンガ・アキーナベイやローレンス・ジラード、メソッドマンなんかが出ていた。

まあ話がこれからどういう展開になっていくのかはよく分からないのだけど、第1話の評判はずいぶん良いようだし、デビッド・サイモンの作品なので注目に値するんじゃないでしょうか。日本でも放送予定。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now