本国では絶賛されたのに、日本ではアマゾンが全く宣伝してないからあまり知られてないAMCのホラー・アンソロジーのシーズン2。シーズン1はダン・シモンズの小説を原作にしていたが、今度はオリジナル脚本で、第二次大戦中の日記人収容所における怪異を扱っている。

舞台は1941年の南カリフォルニアの町。そこに住む日系移民の一世と二世は、日本とアメリカの緊張が深まり、人種差別やスパイ容疑の目に怯えながらも、漁師をしてひっそりと暮らしていた。2世であるチェスターは白人(ヒスパニック)の女性と関係をもって彼女を妊娠させてしまい、知人の日系人女性に堕胎薬の調合をお願いするが、その女性はその後謎の自殺を遂げる。他にも謎めいた怪奇な現象が日系人コミュニティで起きるなか、日本軍による真珠湾攻撃が起き、その結果チェスターの両親などは収容所に送られてしまうのだった…というあらすじ。

第1話ではまだそんなに多くのことは起きなくて、人ではなさそうな謎めいた女性が登場したり、移民とともに「バケモノ」が海を渡って町にやってきたのでは、と噂される程度。その一方では自殺した妻を虐待していた夫が盲目になったり、移民の漁船を焼こうとした白人が怪死を遂げたりと、意外とバケモノ(ユーレイ?)っていい奴じゃね?という描写もあるのですが、そこらへんの真相はこれから明かされていくのでしょう。

海外のレビューを見るとみんな言ってるのが「劇中の怪奇現象よりも、人種差別の描写のほうが怖い」みたいなこと。さらには現在メキシコとの国境で起きている、トランプ政権による移民の非人道的な扱いと重ね合わせて、80年近く前の話でありながらもそのタイムリーさに注目している人が多いみたい。まあ日本人として観ると、日系人が偏見を受けてネチネチと虐げられ、苦しめられる姿がとても感じが悪いものでした。あちらの黒人は黒人差別を扱った映画をこんな気分で観ているのかなあ、と実感したところです。とはいえ最近の慰安婦に関する騒動などを見ていると、自国の非道な歴史をきちんと描き出すアメリカの懐の深さには感心しますね。

スタッフも日系人が多数関わっているらしく、おかしな日本文化の描写などは殆どなし。まあカリフォルニアのコミュニティなので、日本のものとはちょっと違うわけだが。キャストも日本語を流暢に話す人が多く、まるで日本のドラマを観ているよう。チェスターだけが日本語がカタコト気味だったけど、まあ2世ということで。また冒頭の海の景色など映像が大変美しく、こうした撮影やセットの技術は日本のドラマを軽く凌いでいるだろう。

チェスター役は日系4世のデレク・ミオ。かなり悪役っぽい顔つきだけど主人公です。その母親を演じるのが「トーチウッド」の森尚子。俺が知る限りでは英語と日本語をもっとも流暢に話せる女優なので、これでアメリカでも人気が出て欲しいところです。あと日本人としては祐真キキが、いやみったらしい京都弁を話す女妖怪(たぶん)を演じています。そしてチェスターの祖父を演じるのが、自らも日系人収容所に入れられていたジョージ・タケイ。最近は収容所での体験を語り継ぐことにも力を入れている彼だが、この番組ではコンサルタントも務めて話に現実味をもたせている。

当時の日系人はみんな収容所送りになったのかと思っていたが、アメリカで生まれた人は市民権があるので収容されなかったの?こうしてチェスターは親たちと引き離され、愛国心を示すために軍隊に入るものの、そこでも差別を受けて…という展開が続くみたい。

ホラーという要素をどうとらえるにせよ、日系人の不遇をこうしてしっかりと扱った海外ドラマなんてそうあるものじゃありませんからね。日本のアマゾンでも近日中に提供開始になるらしいから、日本人なら観てみるべき作品かと。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.