9月から月イチで飛行機に乗ってるのだが、さすがに疲れますな。観るものがなくなってきてR指定の作品を鑑賞したりしたが、あまり内容はカットされていなかったと思う。ストリッパーの映画を観てるのを周りの乗客に気づかれたりしないか、ちょっとドキドキしましたが。

  • 「READY OR NOT」: 金持ち一家に嫁いだ花嫁が、結婚式の晩に奇妙なゲームに参加することになるという、文字通りの「さあゲームの始まりです」映画。まあその手の邦画よりは予算かかってるだろうし、そこそこ面白いのだが。ただ屋敷でのかくれんぼというルールながら、結構早い時点で屋敷の外に出てしまっているのが残念。最後のオチもなんとなく分かったし。どうせB級映画なのだから、もっとえげつない展開にしてもよかったのに、比較的無難な出来になってしまっていた。
  • 「ハスラーズ」:リーマンショックの時期にも頑張ってウォールストリートの社員たちから金を稼ごうとするストリッパーたちの物語。胸はさすがいにボカシ入ってました。プロデューサーにアダム・マッケイ(&ウィル・ファレル)がいるので金融業界を風刺した内容になっているけど、「マネー・ショート」ほどシャープなわけでもなく、これも無難な出来になっているかな。「クレイジー・リッチ!」のコンスタンス・ウーが体を張った演技をしてますが、ポールダンスを軽々こなす姉御役のジェニファー・ロペスがおいしいところをみんな取ってしまっていた。
  • 「パラサイト 半地下の家族」:上記2作と違って、こちらは全く無難ではなく、そこまでやるか!という内容。1つの家を舞台にしながらも韓国の社会格差を巧みに描き、音楽の使い方やシーンの対比なども効果的でした。世界的に絶賛されてるのもよくわかるな。核攻撃する将軍様のモノマネが出てくるのが韓国映画の強みだろうか。
  • 「モンスターズ・ユニバーシティ」:唯一観てなかったピクサー映画なので。前作は少女とモンスターの仲良し具合があまり好きではなかったが、こちらはモンスターたちが「怖がらせる」ことに重きを置いているので、続編にしては意外と楽しめた。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.