「THE LIGHTHOUSE」

「THE WITCH」のロバート・エガース監督のサイコホラー劇。

舞台は19世紀後半、ニューフイングランド沖の孤島に建つ灯台の当番に、エフライムとトーマスというふたりの男性がやってくる。老人であるトーマスは新人のエフライムに肉体労働などの雑務を押し付け、自分は灯台の光源の管理を独占していた。それに不満を抱くエフライムだったが、やがて彼らの当番期間である四週間が過ぎようとしていた。しかし悪天候のために来るはずだった迎えの船は姿を見せず、彼らふたりは島に孤立する。やがて食糧も底をつきはじめ、憔悴したふたりの精神は崩壊していき…というあらすじ。

「THE WITCH」でも1600年代の英語にこだわり、自然光での撮影にこだわったエガースだが、こちらもいろいろこだわってて映像はモノクロで画面アスペクト比はほぼ正方形、使われる言葉は当然19世期のもの、という作りなので、まあ観る人を選ぶ作品だよな。アート映画のようで、音楽が派手なあたりはユニバーサル・モンスターとかのレトロホラー映画を彷彿とさせるかな。

エフライム役がロバート・パティンソンでトーマス役がウィレム・デフォー。ほとんどこのふたりだけが出てる内容で、どっちも(特にデフォー)マンガみたいな顔してるから、モノクロの映像のなかで目をギラギラさせています。パティンソンいい役者になったよなあ。男ふたりの話ということでホモエロティックな要素もなくはないのだけど、基本的には凸凹コンビのドタバタ劇という展開であった。

ウェールズ沖の灯台で実際にあったという当番ふたりの悲劇にインスパイアされた話らしいが、触手とか怪物も出てきたりして、なかなかしんどい話にはなっております。これから先、コロナウィルスでの外出自粛が求められたりするでしょうが、あまり家に閉じこもってると気が狂うよ、という教訓になる映画じゃないでしょうか。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.