「VFW」鑑賞

著名なホラー映画雑誌「ファンゴリア」製作の映画。でもホラーではなくてサスペンスだった。

VFWというのはVeterans of Foreign Warsの略で、外国で戦った兵士たちの軍人会みたいなものかな。映画の舞台はこの軍人会が集うオンボロのバーで、ベトナムで戦ったフレッドが仕切るなか、さまざまな戦争を経験した仲間の軍人たちが与太話に興じていた。しかし世間ではハイプと呼ばれる凶悪な麻薬が蔓延しており、姉をハイプで亡くしたリズという少女が、地元のディーラーのハイプをすべて盗んでバーに駆け込んでくる。怒ったディーラーはハイプの中毒者たちにバーを襲うように命じ、フレッドたち元軍人はリズを守るため、というか自分たちを守るために籠城して戦うことになるのだった…というあらすじ。

設定的にはジョン・カーペンターの「要塞警察」に似ているし、カーペンターを彷彿とさせるシンセ音楽が多用されてるあたり、往年の70〜80年代低予算サスペンスっぽい作りにしてるなあ、という感じ。大量のジャンキーが老人(ひとり若者もいる)だらけのバーに押し掛ければあっという間にカタがつきそうなものだが、ハイプの中毒者はヘロヘロで真っ当に動けないという設定になっており、その姿はまさしくゾンビ。よってこれはゾンビ映画だと考えてもよいでしょう。

そんなジャンキーどもを迎え撃つために元軍人たちはベトコンばりの罠を作って対抗するのだが、結局のところ力勝負になってしまって、戦闘シーンにあまり工夫が見られないのが残念。老人たちのヨボヨボとした動きを隠すためでもないだろうが、バーの電気系統が壊れているということでやけに照明が暗く、アクションが見えづらい内容であった。あと「要塞警察」は警官と囚人の結束というテーマがあったけど、この作品は人間ドラマの要素がありきたりで、どうも盛り上がりに欠けるのよな。

タフな爺さんのフレッドを演じるのが、タフな爺さん役で知られるスティーブン・ラング。まあ良くも悪くもハマり役ですね。彼の親友役が俺の好きなウィリアム・サドラーだが、やけに太っていてビックリ。健康に影響がないと良いのだけど。あとはデビッド・パトリック・ケリー(69歳)フレッド・ウィリアムソン(82歳!)といった老人俳優たちが出演してます。ジョージ・ウェントが酒飲み役で出てるのは「チアーズ」へのオマージュかな?監督のジョー・ベゴスってこれと同じ年に「BLISS」という映画も撮っていて、そっちはまあまあ評判いいみたい。

傑作かというとそうでもないのだけど、往年の低予算サスペンスのオマージュとして、みんなで酒でも飲みながら観て楽しむ分には悪くない作品かと。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.