マット・ラフの同名小説を原作にしたHBOの新シリーズ。1話が無料公開中(要VPN)で、プロデューサーがジョーダン・ピールとJJ・エイブラムズ。

舞台は人種差別が台頭していた1950年代のアメリカ。朝鮮戦争から帰ってきたアティカスは、疎遠になっていた父親から謎めいた手紙を受け取ったことでシカゴへとやってくる。手紙によると彼の父親は自分の血族を探すために、マサチューセッツのアーカムならぬアーダムという土地へ向かったというのだ。そこでアティカスと叔父のジョージ、および友人のレティティアは父親の後を追ってシカゴを発つものの、田舎町では黒人は敵視され、保安官を含めた白人たちに彼らは追いかけられて大変な目に遭う。さらに人知を超えた怪物に彼らは遭遇し…というあらすじ。

題名から分かるようにHP・ラブクラフトのクトゥルフ神話をベースにしたホラーではあるものの、テーマとしていちばん前面に押し出されてるのはアメリカにおける人種差別の歴史か。「怖いのは怪物ではなく人間だった!」というクリーシェを使ってるわけでもないし今後の展開はどうなるか分からないけど、食堂で食事を頼んだだけで白人に銃で追いかけられ、秩序を守るはずの保安官にも殺されかける、黒人たちの置かれた理不尽な環境がひしひしと伝わってくる内容になっている。

黒人奴隷が主人公のシリーズ「UNDERGROUND」のクリエーターだったミシャ・グリーンがショウランナーを努めており、昨年のHBOの「ウォッチメン」におけるタルサ暴動のように、黒人の歴史を啓蒙するような要素もあるかな。人種隔離が公然と行われていた地域を表す「SUNDOWN TOWN」なんて表現、俺は知らなかったですよ。50年代の話ながら、65年のジェームズ・ボールドウィンのスピーチをBGM代わりに流すという演出も行われてます。

アティカスは体格こそゴツいもののSFとホラー小説が好きな素朴な少年で、ラブクラフトの小説も好きなんだけど、彼の人種差別的な主張には困惑している。当時は黒人のSF読者というのは少なかったようで、これも重要な要素になるみたい。そして叔父のジョージは黒人向け旅行ガイド(いわゆる「グリーンブック」な)を書いているという設定になっている。

それで肝心のモンスターですが、第1話ではラブクラフト絡みのクリーチャーがどのくらい出てくるのかは不明。いちおうショゴスっぽい、でもなんか違う怪物が出てきてえらいことになるのですが、今後はどうなるのだろうなあ。謎めいた白人の男女とかも出てきて、カルト教団とのつながりが明かされるようなのだが。シュブ=ニグラスとかヨグ=ソトースの登場を期待してはいかんのでしょう。

アティカスを演じるのは「The Last Black Man in San Francisco」のジョナサン・メイジャーズで、レティティア役がジャーニー・スモレット。このひとジャシー・スモレットの妹なのね。ジョージ役がコートニー・B・ヴァンスで、アティカスの父親役がHBOの常連マイケル・K・ウィリアムズ。冒頭の夢シーンで体を真っ赤に塗ったジェイミー・チャンが出てくるのだが、あれがアティカスが韓国に残してきた恋人ということになるのかな?

批評家と視聴者の評判も良いようで、昨年の「ウォッチメン」のような話題作になるでしょう。個人的にはクトゥルフ神話のクリーチャーにどんどん登場してほしいところですが。このままアラン・ムーアのラブクラフト・グレイテスト・ヒッツ的作品「PROVIDENCE」も映像化されたりしないかな。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.