以前にマイルストーン・メディア(マイルストーン・コミックス)が再始動するか?と書いてから5年も経ってしまったわけですが、こないだのDC FANDOMEイベントにあわせて再始動が正式に発表されまして、オールドファンとしては嬉しいこってす。

故ドウェイン・マクダフィの奥さんに印税回りで訴訟起こされたりしていろいろあったらしいが、FANDOMEで披露されたマクダフィの追悼ドキュメンタリーにも奥さんが出てたりしたので、そこらへんはうまく片付いたのでしょう。ドウェイン・マクダフィの功績についてはYoutubeチャンネルのComicTropesが非常にわかりやすい解説をしてくれているのでご覧ください:

マイルストーンの正式なリランチは来年の予定だけど、そのティザー的なコミック「MILESTONE RETURNS #0」が無料公開されてるので早速読んでみた。DCのジム・リー社長自らがアートを数ページ担当しているあたり、力の入れようが感じられるかと。いままでポチポチ出ていたワンショット(「Milestone Forever」とか)が90年代からの続編だったのに対し、今回はゼロからのリブートになるみたいで、各キャラクターのオリジン話と今後のティザーを兼ねた内容になっている。

冒頭は黒人スーパーマンこと「アイコン」のオリジン話。ComicTropesでも語られてるように「アイコン」の真の主人公はアイコン本人ではなく、彼のサイドキックの少女「ロケット」であるというのは以前から語られてたことでして、傍観主義だったアイコンを説得してスーパーヒーローに転身させ、自らも様々な経験をしていくロケットの物語はリブートでどのくらい語られるんでしょう。

次はアニメ化もされた人気キャラクター、「スタティック(・ショック)」のオリジン話。人種暴動で散布された特殊な催涙ガスの影響で電気パワーを身につけたティーン、というのは以前と変わらないが、今回の暴動ではBlack Lives Matterのスローガンが掲げられてるあたりがアップデートされてますね。90年代の日本でも、スタティックがXマークのキャップをかぶってることに対して「あんなの黒人が映画「マルコムX」の人気にあやかってるだけじゃーん」とか言ってる人がいましたが、今回も「あんなのBLM運動にあやかってるだけじゃーん」とかいう輩がいたら華麗にスルーしてあげましょう。

次は黒人と白人のカップルを狙うダークヒーロー?ヴィラン?(上の画像の右下)の紹介だが、名前も出てこないしどうも新キャラなのかな?よく分からん。

その次も新キャラ登場で、男性と女性が融合したキャラクターらしい。昨年の情報だと「ゾンビ(XOMBI)」のリブートで「DUO」というキャラクターになるのかな?しかし「XOMBI」は個人的に好きなタイトルで2011年の続編も面白かったので、変にリブートせずにそのまま登場してほしいのだがなぁ。

最後はスーパーヒーロー・グループ「シャドウ・キャビネット」の指導者で予知能力を持つ老師ダーマの思わせぶりな台詞で終了。「シャドウ・キャビネット」は比較的短期で終わってしまったタイトルなので、新たな活躍に期待。その一方ではもう一つのグループ「ブラッド・シンジケート」に対する言及がゼロなのと、パワードスーツを着たアンチヒーロー「ハードウェア」が表紙にしか登場しないのが気になるけど、まあ来年を待ちましょう。個人的に思い入れのある作品ばかりなので成功してくれると良いのだけど。あとXOMBI出せXOMBI。

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.