c0069732_1244037.jpg
Slashdotの投票コーナーで「SF映画の続編で一番ヒドいのは?」というのをやっていて、次の8つが挙げられている:

「ロボコップ3」
「スター・トレック5」
「スター・ウォーズ エピソード1」
「エイリアン4」
「マトリックス・レボリューションズ」
「ターミネーター3」
「エスケープ・フロム・LA」
「20 Million Miles to CowboyNeal」

8番目の「20 Million Miles to CowboyNeal」というのはネタ用の架空の映画だから除外ね。全部観たことのある作品ばかりなので個人的な感想を述べていくと:

「ロボコップ3」は「ロボコップ」シリーズの中では一番面白いぜ!「家族のことを考えろ」と言われて「俺は家族の誇りなんだ」と言って警察バッジを投げ捨てて市民たちの味方につく警察所長たちのシーンなんて、フランク・ミラーの男泣きのテイストがバリバリで最高じゃないの。あと「ロボコップ2」も一般的な評判は悪いけど、フィル・ティペットによるストップモーションでガシガシ暴れまくるロボコップ2のシーンは実に素晴らしいと思う。さらに言うと「ロボコップ3」のあとに出来たTVシリーズもなかなかの出来で、「ロボコップ」シリーズは後になるほど面白さが増してったと思うんだが、これって俺だけだろうか。

「スター・トレック5」は劇場まで観に行ったけど、まあ確かに突然現れるスポックの兄とか、ウフーラのダンスとかダメな点はいろいろある作品なんだけど、キャストが楽しそうに演じてるからいいんじゃないの?「スター・トレック:叛乱」のほうが駄作だったと思うけど。あと「ネメシス」は一般的に言われてるほどヒドい映画ではなかったと思うよ。

投票で一番人気(?)の「スター・ウォーズ エピソード1」は作品の出来が云々というよりも、個人的にちょっと仕事で関わったことがあって、いろいろ学ばせてもらった映画なので口が裂けても駄作とは言えんなあ。

「エイリアン4」は問題外。あれは傑作。「エイリアン3」だったら1票入れたかも知れんけど。

「マトリックス・レボリューションズ」が投票では2番人気か。決して悪い映画ではなかったけど、確かに第1作の人気にのっかって悪ノリしてるような内容だったことは否めない。俺が第1作を好きなのは、あれがグラント・モリソンのコミック「インビジブルス」をかなり明白にパクっているということなんだけど(これについては諸説あり)、2作目と3作目は「機械と人間の対決」を中心に持ってきてしまい、「インビジブルス」のように「現実とは何か」というテーマを扱わなくなってしまったのが非常に残念なところだった。

そして「ターミネーター3」。「ターミネーター2」もそんなに好きじゃなかったけど、こちらは明らかに肉体的衰えが見える主役、まるで怖く悪役、観客の期待を裏切るような結末と、「この映画はつくる意味があったのか?」と考えさせるような出来のものだったんで、とりあえず俺はこれに投票しときました。ニック・スタールはアレキサンダー・シディグにしか見えないし。

「エスケープ・フロム・LA」は濃いオヤジ俳優が総出演してた前作の足下にも及ばなかったけど、意味もなく表れるピーター・フォンダとか、相変わらずお美しいパム・グリアーとかが良かったので及第点。

あとスラッシュドッットのコメント欄では「ハイランダー2」こそ最悪の続編ではないか?という意見が多く出てるみたい。確かに前作と何のつながりもないストーリー、自分で島流しにした主人公をわざわざ追いかけてくる悪役、悪ふざけで演技してるとしか見えないショーン・コネリーなど、見てて腰が抜けるような展開が満載の映画だけど、単に駄作として片付けるにはあまりにも勿体ないというか何というか。ディレクターズ・カット版は面白いという話だけど、ホントかいな。

ちなみに「SF映画の続編で一番優れてる」のは何と言っても「グレムリン2」だよなっ。あれをSF映画と見なすかどうかは微妙なところだけど。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now