「MAN ON WIRE」鑑賞

今回のアカデミー賞ドキュメンタリー部門賞の最有力候補「MAN ON WIRE」を観る。

これは1974年に世界貿易センタービルの2つのタワーのあいだで綱渡りを行ったフランスの軽業師フィリップ・プティの物語で、歯科医の待合室にあった雑誌で完成前の貿易センターの写真を目にした若きフィリップは、その瞬間に自分の夢が何であるかを悟り、貿易センターでの綱渡りを達成するためにひたすら突き進んでいく。金とか名誉とかとはまったく関係なしに、ただ純粋に自分の夢を追いかけて期待に胸をふくらませるフィリップの姿が素晴らしい。とはいえ彼は盲目的に夢を追ったわけではなく、何度もニューヨークに渡っては貿易センターの研究を重ね、時には記者を装ってタワーの屋上で写真を撮ったりして綿密に計画を重ねていく。そして仲間たちとともに貿易センターに侵入し、機材を屋上に運びこみ、ガードマンの監視をくぐり抜けながら弓矢を使ってタワーのあいだにケーブルを張る光景は「オーシャンズ11」も顔負けのスリル映画といった感じ。

こうしてケーブルを張ることができたフィリップは、ついに地上450メートルの空へと足を踏み出し、45分もの長きにわたって綱渡りを繰り返すことに成功する。目もくらむ高さにおいて宙に浮かんだフィリップの姿は、彼が無事に生還することを知っていてもハラハラさせられずにはいられない。そしてケーブルの真ん中あたりで、空を制したかのように微笑むフィリップの写真が非常に印象的だった。この偉業の直後に彼は警察に逮捕されるんだが、世論に護られるような形で不起訴になり、子供たちのパーティーへの出演だけを命じられたというのも微笑ましい。これが今のアメリカだったらテロリスト扱いされてグアンタナモあたりにでも送られてただろうからね。

人が夢に向かって進んでいくことの素晴らしさを実感させられる作品。こういうのを観ると、じゃあ自分の夢はいったい何なんだろうと考えずにはいられないですね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now