イギリスの「指輪物語」のファンたちが作った40分ほどのアマチュア映画。このサイトで視聴可能だよ。60万円ほどの低予算で作られたらしいが、160人近いスタッフが関わったとのことなので大半は無償で働いたんじゃないかな。

物語はいわゆる前日談的なもので、1つの指輪を探す闇の勢力が迫るなか、指輪のありかを知るゴラムを闇の勢力よりも先に捕獲するために、ガンダルフの命を受けてアラゴルンは1人で旅立つのだった…といったもの。森の影に隠れながら敵たちを始末していく馳男さんの活躍がカッコいいぞ。さすがにオークの集団を1人でノシてしまったのには「あなた強すぎじゃない?」と思ったけど。

ビジュアル的にはピーター・ジャクソンの映画版のそれを徹底的に踏襲しており、アラゴルンの役者なんかもそっくり。撮影はウェールズで行われたらしいが神秘的な森の雰囲気が良く出ているし、アマチュア映画とはいえ十分に楽しめるクオリティの作品になっている。ゴラムをCGで描写するのは金がかかるためか、殆どのシーンで彼は袋の中にいたり影しか見えなかったりするんだけど、逆にそれが臨場感を生んでいて良いんですよ。最後に出てくるCGの顔が逆にショボく見えるくらいで。CGに頼る前にまず演出で勝負しろという好例じゃないですかね。

今回は非営利での公開を条件としてトールキン財団からキャラクターの使用許可を得ているらしいけど、こうした有志によるファンムービーでもきちんと利益を上がられるようなビジネスモデルが近々に必要になってくるんでしょうね。映画配給会社に頼るようなものではなくて。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now