青森帰り

c0069732_8504481.jpg

帰りの切符を紛失(?)するトラブルがあったものの、無事に帰ってきた。

辺りを広大な水田に囲まれていて、夜になると真っ暗になるようなド田舎に行ってきたんだが、それでも車があれば30分ほどで大きなショッピングモールに行けるので、東京に住んでるよりもよりも生活が楽な部分はいろいろあるのかもしれない。冬になって雪が降れば別だろうけど。ちなみに各学校の校庭に土俵が設置されてることからも、相撲人気の高さが伺えた。

あと観光目的なのか地元の有力者のエゴなのか、いたるとことに石碑がボコボコ建っていた。ああいうのは記念の地にポツリと建っていてこそ風情があるわけで、いくつも並んでるのは実に興醒めなのです。最近建てられた太宰治の記念碑にいたってはデザインが悪趣味すぎ。

今回はカナダからの英語教師の家に泊まって、その教師仲間にも会ってきたんだが、彼らってNOVAの教師なんかと違って政府主催のプログラムで来日してるから、一軒家とかアパート(デカい!)をあてがわれて、そこそこの給料をもらって、仕事は夕方で終わるんだからいい待遇だよなあ。「なんで日本の教師はあんな少ない給料で朝から晩まで働いてんだ?」みたいなことを言われたけど、それが日本のサラリーマンの実情なのですよ。チェッ。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now