大相撲秋場所

なんか相変わらず内館牧子が文句たれてるようですが、いいじゃんかよ土俵でガッツポーズしたって。客が喜んでるんだから。朝青龍は稽古してないようで裏でしっかりやっているというのは、あの体の引き締まり方を見れば一目瞭然だと思うんだが。そもそもその稽古していないとされる横綱に負ける他の力士たちのふがいなさに文句を言うべきでしょ。そもそも相撲界というのは強い者だけが上にあがれるという明確な実力主義の世界なのに、あとから品格がどうだの言ってくるのは見当違いかと(品格があるにこしたことはないが)。

他の力士に目を向けると、稀勢の里とか安美錦が負け越し。いまいち上に行くことができない人たちですね。その一方で把瑠都は大関候補か。外国人力士が多くなるのは不可避なことで、もはや相撲界のしきたりに日本の若者のほうがついていけなくなってるんだろう。むしろ日本人は、海外からわざわざやってきて着物を着てマゲをゆって日本の伝統文化を保持してくれているガイジンたちに感謝すべきなのかも。メジャーリーグに行った日本人選手が通訳つけて日本食たべてるのに比べると、外国人力士たちは大変苦労してるんすよ。

あと必ずしも好きな力士ではないけど、普天王の十両陥落が決定的か。ブログをよく読んでいただけにちょっと残念。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now