ABCが鳴り物入りで宣伝している新作ドラマ。ある日とつぜん世界中の人々が全く同じ瞬間に、2分17秒にわたって意識を失うという現象が発生する。これにより航空機事故などが発生し世界中でパニックが生じるのだが、やがて人々は意識を失っていたときにあるヴィジョンを見ていたことが判明する。それは約半年後の2010年4月29日における自分の姿であり、しかもそのヴィジョンは複数の人によって共有された、まるで皆が半年後の世界を一緒に経験しているかのようなものだったのだ。この謎めいた現象はなぜ発生したのか?そしてヴィジョンは現実のものとなるのか、いったい4月29日に何が起きるのか…?というのが大まかなプロット。

世界的な惨事を巻き起こした怪奇現象なのに、その原因解明がたった数人のFBIエージェントに委ねられるというのが、いかにもテレビジョンなご都合主義ではある。そのFBIエージェントである主人公を中心に、看護士であるその妻や同僚たちを中心に話が進んでいく。自殺しようとしてたのに半年後の自分をヴィジョンで見た者がいる一方で、全くヴィジョンを経験しなかった(=半年後には死んでいる?)者がいたりするのがミソ。

こういう「ゆっくりゆっくり謎が解明されていく」ドラマというのは「LOST」の成功を受けて数年前に「ジェリコ」とかボコボコ作られたんだけど、みんな不人気で打ち切られたんだよな。でも1年に1本くらいはこういうSFタッチなドラマが作られてもいいんじゃないでしょうか。

第一話の監督と共同脚本は「バットマン・ビギンズ」のデビッド・ゴイヤー。もう1人の脚本家(兼プロデューサー)としてブラノン・ブラガが名を連ねているのが不安材料だな。奴こそがスター・トレックのフランチャイズを(一時的であれ)殺した人間だと個人的には考えているので。あとニュー・スールーことジョン・チョーも主人公の相棒役で出てるぞ。

第一話の視聴率は上々だったようなので、謎が解明されないまま打ち切りになるようなことは当分ないかもしれないけど、肝心の4月29日が実世界で来てしまったら話をどう続けるつもりなんだろう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now