夏場所総括

場所前の個人的な予想としては ●本命は朝青龍。但し貯金(稽古)不足が著しく、下の者との差が縮まっている。
●栃東の綱取りは無理。
●第二の本命は白鵬。但し大関昇進祝いなどで忙しく、稽古不足かも。
●琴欧州は足のケガにより苦戦するだろう。
●魁皇&千代大海は負け越し。
●把瑠都がどこまで暴れるか楽しみ。

といった感じだったのだが、まさか朝青龍と栃東が休場するようなことになるとは予想もつかなんだ。雅山も完全に想定外だったなあ。良くも悪くも朝青龍がいなかったことで、小兵たち(といったら失礼か)の活躍が光った場所と言えるだろう。でも大関がすでに5人いるわけだが、来場所また雅山が健闘したらどうすんだろう。魁皇はまだしも千代大海は廃業せよ。琴欧州は1場所くらい休んで足を完治させてもいいかもしれない。把瑠都はやはり大物である。今後も暴れますよ、あれは。

十両以下に目を向けると、弓取りを務める皇牙が十両優勝に絡められたのが立派。一方で彼が付き人だった闘牙と、苦労人力士の隆の鶴というモミアゲ力士がそろって引退したのが悔やまれる。

1敗のまま2人が何日も競い合い、優勝決定戦にもつれこむというのは相撲の醍醐味すね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now