地震

宮城あたりに比べれば関東の被害なんて微々たるものだが、あとで思い返すときの参考になるかもしれないので自分の経験を記しておきます。

最初の地震があったのは昼食をとったあとで、なんとなく揺れを感じながら歯を磨こうとトイレへ。そしたら揺れが半端じゃなくなってきて、トイレに入ってた同僚の人たちも青ざめた顔をして出てきて、そのまま一緒に非常階段で地上に向かうことに。うちの職場は高層ビルの20階あたりにあるんだけど、建物自体の揺れも加わるのかえらく揺れたんですよ。それで階段を20階降りるのにもかなりの時間と体力を費やしたわけだが、地上に着く頃には揺れが収まってたかな。外には既に多くの人たちが集まっていて、携帯でニュースをチェックしてる人たちの「宮城では震度7」という驚きの声を耳にする。付近では崩壊や火事などの被害はなし。ただ後で知ったけど近くの工事現場のクレーンが傾いたらしい。

しばらく外にいたけどコートもなくて寒かったし、片付けたい仕事もあったので非常階段を使ってまたオフィスへ戻ることに。安全点検のためエレベーターはすべて停止していた。揺れは収まってもビルがまだ揺れていて、壁とかがギシギシ音を立ててるのは非常に不気味でしたよ。壁のあちこちに亀裂がはいってたし、壁の漆喰もポロポロ落ちていたな。

それで汗かきながら20階ほど上ってオフィスに戻ると、すでに仙台では津波が発生し、車がゴミのごとく流されていく光景がテレビで報じられていた。なんかえらいことが起きてるなと実感しはじめてるときに、大きな余震が発生。最初のと同じくらい大きいものに感じられたけど、また地上に避難するのもイヤなのでオフィス内をグルグル歩きまわって対処。なんかこう、机の下にもぐるよりも、自分で動いて体を揺らしたほうが揺れに対処できるような、そんな感じだったんですね。

それから後はエレベーターや交通機関が止まってるのですぐに帰宅はできないし、ニュースやネットで災害の情報をチェックしながら、放心状態になりつつも仕事をいくつか片付ける。埼玉の実家には電話がつながらないので心配するが、一方ではネットが生きてるのでメールやツイッターなどで知人の安否を確認。こういうときのツィッターの効力はすごいですね。最新の情報がどんどん入ってくる。デマもずいぶん拡散されたようだけど。

そんなこんなで夜になり、交通機関は相変わらずストップしたままだったけど、家の状況なども心配だったので帰宅することに。幸いにもうちは職場から歩いて1時間ほどのところにあり、以前にも歩いて帰ったことがあるので不安はなかった。この日はジムに行く予定だったけど、こんな形で運動することになろうとは。非常階段を下りて地上に着くと、他にも多くの人たちが歩いて帰宅していた。駅の周辺とかも思っていたほど混雑してなかったかな。途中でメシ食ってこうかとも思ったけど、開いている店はどこも混んでいたのでそのまま歩き続ける。自宅の直前で実家から電話があり、両親とも無事であることを確認。

帰宅したら意外と部屋の中は乱れておらず、冷蔵庫の上の食器が落ちていたくらい。ガスも水道も電気も通じていたが、節電してくださいという東京電力のアナウンスがあったのでエアコンは控え目にする。カップラーメン食べて風呂に入ったらその日の疲れがどっと出て、早めに寝ることに。しかし余震で何度も目が覚めて、実に気分の悪い一夜でしたよ。

それで今朝起きたらふくらはぎが筋肉痛でしんどいことになってて、1時間歩いただけでこんなことになるのって情けないよなあ。この週末はコメディ映画を何本か観る予定だったけど、そんな気分でもないので、原発のニュースを気にしながら無作為に時間を過ごす。

まあいろいろあったけど自分の受けた被害なんて微々たるものでして、今回の地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。また安否を気遣って連絡をいただいた知人の皆様、どうもありがとう。とりあえず今の自分にできることは節電ですかね。いずれ会社ぐるみで募金をすると思うのでその際にささやかながら寄付をしようかと思います。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now