スラッシュドットの記事で知った、現在寄付を募りながら製作されているというインディーズ映画の第1パート。公式サイトから無料でダウンロードできるよ。5パート揃って完成、ということらしい。

内容は政治サスペンスになっていて、KGBを裏切ったエージェントのニコライは、ワシントン・ポストの編集長に頼んでメキシコの収容所跡で記者と会おうとするのだが、CIAのエージェントがそこに現れて…というような話なんだが、正直なところ話がよく分からなかったよ。非常に政治的なシチュエーションのど真ん中から話を始める手法は分からんでもないのだが、観る人の興味をつかむのには成功していないような?

ワシントン・ポストの編集長役でジェームズ・クロムウェルがちょっと出演しているほかは、出演者はみんな無名の人たち。廃墟となった収容所で撮影したり、凝ったアングルを使ったりとそれなりに努力してるのは感じられるんだが、どうも素人っぽさが残ってしまったような。引きのショットばかりのせいか、映画というよりもゲームの合間に挿入されるムービーを観ているようであった。あと編集が拙いところがあって、電話で話すシーンでいちいち話している側に切り替わったりするのが目障りだったな。

最近は撮影や編集の機材がどんどん安価になってきて、そこらへんではプロとアマの違いは無くなってきていると思うんだけど、低予算でも何かしら目を引きつけるものを持った映画と、この作品のようなものを分つ要素って何なんだろうね。脚本?演出?監督の熱意?それら全て?それが分かれば誰も苦労しないのですが。

A Lonely Place For Dying 投稿者 ecufilmfestival

Trackback

no comment untill now

Add your comment now