「SOURCE CODE」鑑賞


(以下いちおうネタバレ注意)
「月に囚われた男」で注目されたダンカン・ジョーンズの第2作。日本では「ミッション: 8ミニッツ」というどうも残念な題で10月末に公開されるらしいね。今回の脚本はジョーンズによるものではないが、「もう1人の自分」というテーマは前作に通じるものがあるな。

シカゴ行きの列車が、何者かが仕掛けた爆弾によって爆破され乗客が全員死亡するというテロが発生。さらに犯人は6時間後に核爆弾によるテロを予告する。この緊急事態に対して政府は、死者の記憶を8分間だけ遡って現場の状況を探れるというシステム「ソース・コード」を起動し、空軍パイロットのコルター・スティーヴンスが「過去」へと送り込まれる。限られた時間のなかでスティーヴンスはテロの犯人を捜そうとするのだが、やがて意外な事実が明らかになっていく…というような話。

事故発生の8分前までなら何度でも戻ることができるので、犯人探しに失敗したスティーヴンスはもう1度戻って新たな手がかりを探し、それをもとにもう1度戻って…といったプロットになっているものの、懸念してたほど同じシーンが延々と繰り返されることはなかった。意外と早い時点で最初の謎が明らかにされ、そこから新たな謎が生じるというスピーディーな展開になっているので、観る人を飽きさせないつくりになっている。その代わり最初から最後までストーリーを貫くような大きな謎はないけどね。

そして犯人探しのプロットだけでなく、過去と現在を往復するうちに記憶が錯綜していくスティーヴンスの状態がもう1つの大きなプロットになっているわけだが、ここらへんはフィリップ・K・ディックの小説、特に「ユービック」に似たものを感じたよ。

列車の中と政府のオフィスという限られた空間で話の大半が進んで行くさまは「月に囚われた男」に似ているが、撮影テクニックなどが遥かに向上していて優れたSFサスペンスになっている。惜しむらくは前作と異なり音楽をクリント・マンセルが担当していないことか。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now