「TABLOID」鑑賞


エロール・モリスの新作ドキュメンタリー。ドキュメンタリーなんだけど探偵小説のごとき展開を持った作品なので以下はネタバレ注意。

時は70年代後半。ワイオミングに育ったジョイス・マッキンリーは美人コンテストなどでも優勝していた淑女だったが、モルモン教徒のカーク・アンダーソンと恋に落ちて結婚寸前まで行ったものの、彼女が布教の邪魔になると考えたカークとその仲間は黙ってイギリスへ渡ってしまう。ジョイスはそれにもめげずに金をためて人を雇い、イギリスへ行ってカークの居場所を突き止め、彼をさらって田舎の小屋に連れ込んで三日間にわたる「愛の営み」を行う。そしてロンドンに行ったら誘拐罪で彼女たちは逮捕され、カークをレイプしたという容疑をかけられてしまう。果たして三日間の行為は強制的なものだったのか、それとも合意のもとで行われたことだったのか?この件はイギリスのタブロイド紙の格好のネタとなり、「Manacled Mormon(手枷をはめられたモルモン教徒)」として各紙のあいだで白熱した取材合戦が行われるようになる。世論的は彼女に同情的であり、ジョイスは時の人となるのだが、彼女が過去にいかがわしい仕事に関わっていたことをある新聞が探しあててしまう…というような話。

カルト教団に立ち向かったメンヘラな女性の物語、といえばいいんでしょうか。当時のことを語るインタビューはジョイス本人によるものが7割くらいで、それに昔の仲間やタブロイド紙の記者などのコメントが絡んでくるような形になっている。ジョイスは喜々として自分の冒険を語るものの、その大半が美化されておりウソまがいであることに注意が必要。彼女の話のどこまでが本当なのかを観てる人が考えるようになる、というのはインタビューに定評のあるモリスの映画ならではですかね。ちなみにジョイスは呼ばれてもいないのにこの映画の試写会に出没しては「この映画はウソよ!」なんて言い放ち、しまいにはモリスを訴えたそうな(モリスは以前にもドキュメンタリーの対象に逆ギレされて訴えられている)。

題名から予想していたほどメディア批判などは行っておらず、何にでもとびつくタブロイド紙を揶揄している程度。モリスの近年の作品としては戦争などを扱っていないし、比較的軽めの内容になっているが、おかげでかなりとっつきやすい作品になっているかも。これを観たからといって何かが学べるような作品ではないですが、ジョイスという非常に興味深いインタビュー相手のおかげでなかなか楽しめる映画になっているといえよう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now