NBCの新シリーズ。

刑事であるマイケルはある晩に家族とドライブ中に車を横転させてしまい、1人息子のレックスを亡くしてしまう。悲しみに打ちひしがれながらも職場に復帰するマイケルだったが、実は彼は夜に見る夢のなかでもう一つの現実を体験していた。そちらの世界では事故で亡くなったのはレックスではなく妻のハンナであり、彼はレックスと2人で暮らしていたのだ。2つの世界の境界が分からなくなり、困惑するマイケル。果たしてどちらの世界が現実で、どちらが幻なのか…というようなプロット。

話の設定だけ聞くと「LOST」みたいな謎ものかSFっぽい内容を連想するかもしれないが、実は意外とストレートな刑事もの。2つの世界で起きる事件が微妙にリンクしていて、マイケルは片方の世界で入手した手がかりをもう一方の世界で使って事件を解決する、なんてことをやってたりする。あとどちらの世界にもセラピストがいて、主人公にカウンセリングを与えてたりするのがアメリカンなところですね。

原案者は昨シーズンにあっという間に打ち切られた「LONE STAR」と同じ人…って二重生活ネタが好きな人だね!主演は「ブラザーフッド」とかに出てたジェイソン・アイザックス。よく見るとダニエル・クレイグに似てるね。ほかにも「ロー&オーダー SVU」のB・D・ウォンとか「プラクティス」のスティーブ・ハリスなんかが出演している。

「2つの世界のどちらが本物か?」という設定は裏を返すと「どちらも幻の存在では?」という考えになってしまうわけで、主人公以外の登場人物に感情移入するのがどうも難しいような気がする。ミニ・シリーズやSyfyチャンネルのシリーズならまだしも、地上ネットワークのシリーズとしてこれからずっと話を引っ張ってくのは相当厳しいのでは。

例えば「ライフ・オン・マーズ」だと「70年代の世界に来てしまった主人公が元の世界に帰ろうとする」という明確な目的があったが、この作品だと主人公が「2つの世界で妻子に会えるならそれでも良くね?」と変に割り切ってしまってるので、これから話がどう続いていくのががよく分からないんだよな。作りはしっかりしてるので「LONE STAR」同様に瞬殺されないことを願いたいのですが…。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now