前からちょっと観たかった、「セサミストリート」のエルモのパペッティアであるケヴィン・クラッシュを扱ったドキュメンタリー。

ボルチモアの郊外に生まれ育ったケヴィンは、幼少のときに観た子供向け番組、特に「セサミストリート」に心を奪われ、自分でもパペットをつくって近所の子供たちのためにショーを開催するようになる。高校生になってもパペットに対する情熱は消えず、おかげで同級生たちにイジメられたりもするのだが、やがて地元のテレビ番組に出演するようになる。さらにジム・ヘンソンのためにパペットを作っていたカーミット・ラブの工房に出入りしてパペット作りの極意を学ぶようになり、やがてヘンソンその人とも知り合いになって「セサミストリート」への参加を要請される…というようなストーリー。

クラッシュ(Clash)という名前に加えて大柄な外見のケヴィンはまるでセサミというよりWWFの人のような感じなのですが、そんな彼がファルセットでエルモの声を発する姿はなかなかインパクトがあるぞ。もちろん彼はエルモやそれ以外のパペットの声だけでなく振り付け(操作)なども自分で担当していて、外国版のセサミのパペッティアたちを入念に指導する姿などは完全なプロフェッショナルですね。

駆け出しのころにパペットから縫い目を消す方法がどうしても分からず、カーミット・ラブのところに行ったら当時まだ珍しかったフリースという生地を紹介されたことや、ヘンソンのマペットに用いられている特殊な縫い方を目にして「これがあの『ヘンソン縫い』か!」と感嘆したなんていう逸話が面白かったな。

「くすぐりエルモ」が絶大な人気を誇っていた時も「エルモを操れるのは自分だけだ!」という自負のもと世界を駆け巡り、おかげで家族を顧みる時間がなかったなんてことも語られるものの、基本的にはストレートなサクセスストーリーなので話に起伏があるわけでもないのが欠点といえば欠点かな。とはいえ子供の頃からの夢を追いかけて実現させた人の話というのは、いろいろ学ぶべきことがありますね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now