今をときめくベネディクト・カンバーバッチ主演の、BBCとHBOが共同製作したミニシリーズ。ということは当然HBOでも放送されるんだろうが、こういうイギリスの時代物の番組ってアメリカのどこらへんの視聴者層が観るんだろうね。「ダウントン・アビー」などがヒットしてるので需要があることは分かるんだが。フォード・マドックス・フォード(って誰だ)の4部作の小説が原作で、脚本はトム・ストッパード。冒頭で物語の時系列が前後するあたりは、ストッパードらしいと言えるのかしらん。

舞台となるのは20世紀初頭。主人公のクリストファー・ティージェンスは裕福な名家の出身で才能ある公務員だったが、自由奔放なシルヴィアという女性と情事を持ったために彼女が妊娠し、嫌々ながらも結婚する羽目になる。その後もシルヴィアは家事や育児を放ったらかして他の男性との不倫を平然と行い、クリストファーの鬱憤は募るばかり。そんなとき彼は女性運動に関わるヴァレンティンという若き女性と出会い、彼女に惹かれていくのだが…というようなプロット。

頭脳明晰なシャーロック・ホームズとはうってかわって、2人の女性のあいだでオロオロする男をカンバーバチが好演。彼を手玉にとるシルヴィアをレベッカ・ホールが演じているんだが、どことなくスカーレット・ヨハンソンに似ていてビッチな演技がよく似合ってる(要するにスカヨハがビッチということです)。あとは主人公の友人をスティーヴン・グレアムが演じてるけど、あの人は役にとけ込むのが上手すぎてすぐに彼だと分からないんだよな。

今後は主人公が第1次世界大戦に出征したりして派手な展開があるようなのですが、第1話は優柔不断な展開が続くメロドラマといった感じであまり好きにはなれなかったよ。カンバーバッチはこういう他の番組出る前に、まず「Sherlock」を撮り終えようよ!

Trackback

no comment untill now

Add your comment now