タイムラインが最大9つも重なる複雑さでカルト的人気を誇る「プライマー」のシェーン・カルースによる、約9年ぶりの作品。話の仕組みについて語らないとどうにもならないので、以降はネタバレ注意。

まず冒頭に出てくるのは、特定の蘭に巣食う小さなイモムシ。このイモムシは人間の体内に入るとその人の精神を操る能力を持っていた。そしてその力を悪用した「泥棒」によって、クリスという女性が精神を乱され、貯金をすべて「泥棒」に奪われてしまう。そしてクリスは正気に返ったあとに体内のイモムシを取り出そうとするが失敗する。そんな彼女の前に現われたのが、自然のさまざまな音を録音し、養豚場を経営する「サンプラー」という男性だった。彼によってクリスのイモムシは取り除かれ、とある豚にそれが移植される。そして日常生活に戻ったクリスは、ジェフという男性と出会い、やがて彼と恋仲になる。しかしジェフもまた、イモムシに寄生された経験を持っていた。そしてクリスとジェフのあいだではやがて精神がつながり、お互いの記憶が共有されていく…というようなストーリー。

あらすじをとてもざっくり書くと一応こんな感じだが、劇中では登場人物の意図などは一切説明されず、抽象的なセリフとイメージの積み重ねがひたすら続く、かなり難解な内容になっている。そして「プライマー」同様にカルースはこの映画の内容について明確な解説をせず、ネット上では例によってさまざまな見解が飛び交っているみたい。いちど前知識なしに観たあとに、そうした見解や監督のインタビューを読んでから再度観るといろいろ細かい設定や手がかりに気づくかもしれないが、それでも話の全貌が明らかにされることは「プライマー」と同様に無いだろうな。

いちおう「蘭・ブタ・人間」というつながりがあり、それぞれに「蘭の採集者・サンプラー・泥棒」といった人たちが関わっていることは示唆されてて分かるのですが、それらが何を意味しているのかは明確に分からず。あと途中で出てきた不和なカップルは何だったんだろう。また豚とクリスのあいだに何かしらのつながりがあることは明白で、この世における自然の大きなサイクルと、そこからの離脱が作品の大きなテーマになっているみたい。こうした万物のつながりをテーマにし、CGを使わずに化学的な特殊効果映像を用いているあたりは「ザ・ファウンテン」に似ているかとも思いました。

クリスを演じるエイミー・セイメッツという女優さんはインディペンデント系作品でいろいろ活躍している人のようで、ティナ・フェイを丸顔にしたような美人。このあとHBOのシリーズや「THE KILLING」の新シーズンに登場するらしいので、今後さらにブレークしていくんじゃないかな。そしてジェフ役を演じるのはシェーン・カルース本人。カルースは出演と監督・脚本のほかにも撮影や音楽などもこなす多才ぶりを発揮しているのですが、その映像も音楽も大変素晴らしいのですよ。「プライマー」は16ミリで撮影したテキサスの暑い日ざしが印象的だったが、今回はおそらくデジタル撮影をしていて、フレアを効果的に使った非常に美しい映像になっている。また「プライマー」では聞き取りにくかった音声も今回ははっきりしていて、サンプラーが録音・作成する音も劇中で重要な意味を与えられていた。

十分に楽しむには内容が難解すぎるきらいはあるものの、今後もその内容について多くの解釈が論じられ、新たな発見がされていく作品になるんじゃないだろうか。サンダンスで話題になったものの大手配給会社を通さず、カルース自身が直接配給を手がけていくとのことなので日本での公開はどうなるか分からないが、観ておいて損はない作品じゃないですかね。またこの作品の前にカルースは「A Topiary」という作品を長年企画していて、費用の関係などで製作を断念しているのだが、その映像らしきものがこの作品に少しだけ挿入されていて、それが大変面白そうなのですよ。こっちも映画化してくれないかなあ。なお今年の夏には早くも新作の撮影にとりかかるそうなので、また10年近くも待たされることにはならないでしょう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now