スティーブン・キングのベストセラー小説「アンダー・ザ・ドーム」を原作にしたCBSのミニシリーズ。全部で13話になるのかな?

舞台になるのは(キング作品の常として)メイン州にあるチェスターズ・ミルという小さな田舎町。そこではいつもと同じ一日が始まろうとしており、近隣の街で行われるパレードのために町長などが町を離れたばかりであった。しかし突然巨大な地鳴りとともに透明のドームが町を包み込み、チェスターズ・ミルは外界から遮断されてしまう。そのドームは光は通すものの音声や電波などは通さず、外界とのコミュニケーション方法は筆談程度の非常に限られたものになってしまう。さらにドームが降りた瞬間にその場にいた人たちが切断されたり、自動車がドームに突っ込んで大破したことで町はパニックに陥る。ドームのなかに隔離された人々が生存の方法を探るなか、何人かの住民が謎の幻覚に襲われ、「ピンクの星が落ちる…」と呟くのだった…というようなプロット。

町の全体がドームに包まれるのって「ザ・シンプソンズ MOVIE」でもやってましたが、キングはあれよりも先にネタを考えついてたそうな。町が災害に見舞われたからって住民が一致団結するわけでもなく、腹黒い地元の有力者やそのサイコな息子、「仕事」で町に来ていた殺し屋などといった人たちの思惑がドロドロと交錯していく展開になるらしい。限られた空間とはいえ町が舞台なので「ミスト」よりも「ジェリコ 閉ざされた街」に雰囲気は似ている。

原作は未読ですが、ウィキペディアでざっと確認したところ登場人物の設定などがそれなりに異なっているみたい。さらにキング自身の許可を得たうえで話の結末が原作と異なるものになるらしいので、はたしてそれが吉と出るかどうか。

プロデューサーにキングやスティーブン・スピルバーグらの名前が出ているほか、脚色の担当をしているのはアメコミ作家のブライアン・K・ヴォーン。彼は以前にも「LOST」の脚本を書いてたりしたのでテレビの仕事は初めてじゃないんだが、「SAGA」みたいなコミックでの絶妙なストーリーテリングの能力をテレビでどこまで発揮できるかな?

あと出演者はあまり有名どころはいないみたいだけど、「ブレイキング・バッド」のディーン・ノリスが出ています。彼は「バッド」で大変素晴らしい演技をしていたのにブライアン・クランストンの陰に隠れてしまってた感があるので、こっちでさらなる注目がされることに期待。

原作は日本でも知名度が高いし、おそらくWOWOWあたりが放送するんじゃないですかね?

Trackback

no comment untill now

Add your comment now