今期のアメコミ原作の新シリーズ第2作目。放送局はThe CW。

原作のライターを長年務めたジェフ・ジョンズが脚本に関わっていることもあり、第1話は手堅いオリジン話になっている。主人公の母親がリバース・フラッシュに殺されたという設定って、ジョンズが考案したものだっけ?主人公が雷にうたれて薬品棚に突っ込んだことで驚異的なスピードを身につける設定は原作と同じだが、そもそもその雷はS.T.A.R.ラボの実験が暴走して生じたものであり、主人公以外にもメタヒューマンを多数生み出すことになった、という話になっている。第1話の悪役はウェザー・ウィザードでした。

主役のバリー・アレンを演じるのは「glee」のグラント・ガスティン。妻殺しの疑惑で投獄されている彼の父親を、90年代のシリーズでザ・フラッシュを演じたジョン・ウェズリー・シップが演じるという粋なキャスティングもされてます。The CWの番組ということもあり主人公の年齢が少し若めに設定されていて、彼の父親代わりの刑事を演じるのがジェシー・L・マーティン。彼のシーンだけどうしても「ロー&オーダー」っぽくなるのはご愛嬌。彼の娘がアイリス・ウエストで、よって原作と違って黒人の設定になっている。あとS.T.A.R.ラボの実験を企画した博士の役をトム・カヴァナーが演じてるのだけど、彼っていままでニコニコ笑ってる役が多かったので、シリアスな役はちょっと向いてないかも。

「アロー」の主人公がお約束といった感じでちょっと登場したり、コミックの(必ずしもフラッシュとは関係ない)キャラクターがあちこちに出演してたりと、かなりコミックを意識した内容になっていくのかな?まあ「アロー」よりもSFっぽいキャラクターが出しやすいということかな。ファイアーストームなんかも登場するらしいぞ。

「とにかく速く走れる主人公」というネタでどこまで話を引っ張れるか分からないけど、次も観たくなるような出来であった。でもフラッシュが走るたびに周りの車のガラスが割れてるので、街の住人にとっては迷惑なヒーローだと思う。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now